• 会員登録
  • お問合せ
menu
<< 2019年8月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

記事カテゴリー:四つ木さんぽ

1/1ページ 

2019-07-28 11:48:24

こんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋(新たに四つ木エリア始動しました!)

イエステーション立石店の中村です!

 

もっともっと立石・四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに立石・四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『四つ木さんぽ』第4歩目は・・・

 

鉛筆のことならおまかせあれ!!『北星鉛筆株式会社』さんです!!

 

 

~どんなお店?~

今回取材させていただいた北星鉛筆株式会社さんですが、先祖の方が屯田兵として北海道へ移住した際に木材屋を開業。

その後関東大震災で、東京から疎開してきた月星鉛筆を買収し、北星鉛筆になったようです。

ちなみに鉛筆産業は東京の下町が発信地だそうで、中でも葛飾・荒川・足立区が盛んなんだそう!

社長である杉谷さんは五代目で、曾おじいさんの代から続いているのだそうですよ!

そんな杉谷社長ですが、四つ木生まれ四つ木育ち!ということで四つ木周辺の美味しいご飯屋さんやお店も沢山教えて頂いたり、親しみやすく鉛筆愛に溢れる素敵な方でした!

 

~名前の由来~

元々は「月星」という名前でしたが、先代のひいおじいさんが会社を引き継いだ際に当時会社のあった北海道の「北」を取って「北星」へと改名したのだとか!

因みに2012年にオープンした施設「東京ペンシルラボ」ですが、“お子様をはじめ幅広い層の方から親しみやすく、POPなイメージを持ってほしいな・・・”という想いから名付けられたのだそうです!

杉谷社長の親しみやすさ、温かい人柄も感じられる素敵なお名前ですね☆

 

~知ってほしい!東京ペンシルラボのこんなところ!~

 

その①

東京ペンシルラボさんは、鉛筆の魅力が沢山詰まった研究所!

鉛筆についてビデオで学べたり、実際に鉛筆を作っている現場を見学できる、工場見学ガイドツアーを行っています。少しだけ工場内にお邪魔しましたが、一つ一つの機械の役割を知れたり、鉛筆ができるまでの工程を見れたりとっても楽しかったです。

 

 

↑最初に白い塗装をすることで、黄色など薄い色が綺麗に塗れるそうです!

↑左が綺麗にカットされた断面、右がカット前の断面

 

料金は大人400円、小人300です!10人以上の団体で100円割引になるみたいなので団体での参加もオススメです!

 

その②

体験学習スペース内の壁には様々な作品が飾られており、最初は絵の具で描かれているのかな?と思いましたがよくよく見ると立体的!これは一体どういうこと・・・?

 

   

 

そんな不思議も杉谷社長の言葉ですぐに解明!

 

「触ってみてください!

これは鉛筆の木の部分をおがくずにしてつくられた木粘土、もくねんさんなんです!」

 

 

水彩画ならぬ木彩画、だそうで、驚きながらも綺麗な桜の絵に触ってみました!

元の素材が木なので、本物の木に触れている様でユニークでした☆

 

この木粘土、短くなった鉛筆を捨ててしまうのが非常にもったいないということで、鉛筆を通して「ものに感謝する心」を大事にしてほしいとの願いからつくられたそうです。

他にも、“絶対に折れない鉛筆削り”大人でも気軽に使える“大人の鉛筆”など、鉛筆を使うのが楽しくなりそうな商品がたくさんありました!

  

↑ 大人の鉛筆                   ↑絶対に折れない鉛筆削り

杉谷社長のモットーに迫る!

杉谷社長は、仕事をする上で「人を幸せにすること」を最も大切にしているのだそう。

身近な人から幸せにしていくことで、自分も幸せになれる。生きていく上でも大切なことなんだとお話しており、社会人一年目の私には中々気づくことのできない、素晴らしいアドバイスをいただけました!

 

~中村のひとりごと~
鉛筆について、こんなにも深く知ることができる機会が滅多にないので、貴重な体験ができました!

普段何気なく使っている鉛筆ですが、工場見学や鉛筆資料コーナーを覗くと、鉛筆に無限の可能性を感じました!

ちなみに私は埼玉出身なのですが、埼玉県と岡山県は濃い鉛筆(4B6Bが売れると聞き「硬筆」の授業で使用したことを思い出し、話が盛り上がりました(笑)どこの県でも盛んにやっていると思っていたので驚きました!

お忙しい中取材を受けて下さった杉谷社長、ありがとうございました!!

 

 ※中村は次回登場します!

『北星鉛筆株式会社』

 

東京都葛飾区四つ木 1-23-11

 

◇電話番号:03-3693-0777

 

◇定休日:土日祝日

 

イエステーション立石店 担当:中村

<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら

~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~

 


2019-06-09 13:20:48

四つ木さんぽ ~第3歩~

 

こんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋(新たに四つ木エリア始動しました!)

イエステーション立石店の西依です!

 

もっともっと立石・四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』を

コンセプトに立石・四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『四つ木さんぽ3歩目は・・・

創業は昭和25!来年202070周年を迎える『長楽製パン』です♪

社長の小出さんにお話しを伺いました^^

 

 

~『長楽製パン』のはじまり~

今から約72年前の1947年頃に、お父様の義理のお兄さんが立石でパン屋を始めたことをきっかけに、1950年に当時立石よりも賑わっていたという四つ木で、お父様が現在の『長楽製パン』をオープンさせました^^

ちなみに、義理のお兄様は長野のご出身だそうで、長野から上京したご家族や知人の方と一緒に、戦前は押上や浅草や八広にも店舗を構えていたそうです。(現在は四つ木のみでございます♪)

<四つ木のこぼれ話>

社長の小出さんは四つ木生まれ四つ木育ち!またまた『四つ木』の大大大先輩でございます!

その昔、四つ木には映画館が3軒もあったそうで、なんと、葛飾区で第1だったそうです^^

・・・四つ木に映画館!?さすが四つ木の大先輩というような驚きの情報をGET

 

~お店について~

-店名の由来はお寺の名前から!?-

戦前、浅草には『長楽』と名の付くお寺があったそうで、そこからいただき『長楽製パン』という名前にしたそうです^^ちなみにそのお寺は戦後、吉祥寺の方へ移転したとのこと。

-4年前にリフォームしたばかりの可愛い店舗-

お店の前を通るたびに、オシャレなパン屋さんだなぁ、、、とずっと気になっていました♪中に入ると、広々とした店内に販売スペースとイートインスペースがあり、いつも老若男女沢山のお客様で賑わっています^^

そんな店舗は約4年前にフルリフォームをしたそうですが、なんと設計は義理の息子さんにお願いしたそうで、小出社長のこだわりと息子さんの技術の見事なコラボレーション♪

 

◆『長楽製パン』のこだわり◆

(出来る限り)焼き立てのパンを食べてもらいたい!

やっぱり一番おいしい焼き立てのパンを食べてもらいたい!との想いから、1日に何度もパンを焼き店頭に出すという作業を繰り返しているそうで、中でもコッペパンは多い時で4回も焼いているとか♪

・・・確かに、店内に置いてあるパン1種類当たりの個数が他店に比べて少ないような気がすると感じていました。効率だけを重視せず、美味しい焼き立てのパンを食べてもらいたいという社長のこだわり(想い)が、長年皆さまに愛されている理由かもしれませんね♪

<四つ木のこぼれ話パート2

地域密着を大事にしているという小出社長♪(奇遇ですね!私たちも四つ木・立石のみ対応の地域密着型です♪)四つ木生まれ四つ木育ちの小出社長は、とにかく地元愛が強く、昔から現在までの様々な四つ木の情報を教えてくださいました。中でも印象に残っているのは、秋田県の『鹿角市』という地域と四つ木は、約40年間も密接な交流があるそうで、両地域の子供たちがホームステイをしあい、鹿角市では農業体験をさせてもらったりしているそうです♪子供のころから色々な体験ができて羨ましいと思いました^^

 

◆『長楽製パン』イチオシの人気メニュー◆

・チーズフォンデュ   200円+税

・ロングフランク    330円+税

・生食パン       300円+税

・天然酵母玄米食パン  340円+税

※どれも人気メニューなので売り切れている場合もありますのでお早めに♡

 

 

~西依のひとりごと~

ずっと前から気になっていた『長楽製パン』さん。やっと取材に来れました^^

四つ木のメインストリート『まいろーど』の中でもひと際オシャレで目立っている『長楽製パン』さんは、時間帯によって様々なお客様で賑わっています。例えば、朝はお仕事前のOLやサラリーマン、日中はお子様連れの主婦の皆さまがイートインスペースで楽しくお喋りをしているなど、居心地の良い店内はいつも明るい印象です。きっと綺麗でオシャレなこだわりの店内と、従業員の皆さまの明るい笑顔からそんな印象なのかなと感じました。美味しいそうなパンは種類も豊富なので、これから全種類制覇したいと思います^^また、小出社長の様に四つ木の事をもっともっと知って語れるよう、勉強していきたいと思います!お忙しいところ快く取材を受けてくださった小出社長、ありがとうございました^^

 

 

◇『長楽製パン

 

◇東京都葛飾区四つ木2-7-12(地図はこちら

 

◇電話番号:03-3691-6173

 

◇営業時間:8時00分~20時00分

(定休日:月曜日、第一・第三日曜日) 

 

イエステーション立石店 担当:西依智世

<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら

~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~

 


2019-02-24 15:48:17

四つ木さんぽ ~第2歩~

 

こんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋(新たに四つ木エリア始動しました!)

イエステーション立石店の西依です!

 

もっともっと立石・四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』を

コンセプトに立石・四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『四つ木さんぽ2歩目は・・・

なんと創業は昭和10年!80年以上もここ四つ木でお店をかまえている

そば希彩『松のや』さんです♪

 

 

~『松のや』のはじまり~ ★昭和10年創業★

松のや』のはじまりは今から84年前の昭和10年。

今回取材を受けて下さった店主相馬さんの祖父が『製麺屋』を始めました。

その後、製麺屋製麺屋&そば屋(出前主体)現在の店内メインのそば屋と、

時代の流れに合わせてお店のスタイルも変化させてきたそうです^^

<四つ木のこぼれ話>

もちろん店主の相馬さんは四つ木生まれ四つ木育ち!『四つ木』の大大大先輩です!

昔この一帯は川や田んぼだったそうで、将軍が鷹狩りをする際に通っていた場所でもあったそうです。

10年程前までは毎月第3日曜日に『朝市』というイベントが開催され、商店街はとても賑わっていたそうです♪

 

~お店について~

-店名の由来は夫婦愛?-

相馬さんの祖母(創業された祖父の奥様)のお名前が『松子さん』だそうで

そこから『松のや』になったのではと相馬さんはお話してくださいました^^

子育てをしながら旦那様のサポートをしていたそうで、『松のや』の発展には

松子さんの存在がとても大きかったとのことで、夫婦の絆が素敵ですね^^

-とってもオシャレな店内-

お店に初めて入ったとき感じたのは、とにかくオシャレでキレイ!

そんなこだわりの店内は約25年前に現在の内装に改装したそうですが、

とてもそんな時間が経っているとは思えない程きれいでとっても素敵な空間です^^

テーブルやイスもアンティークで古材を使用していて温かみもあり目でも楽しめます♪

 

 

◆『松のや』のこだわり◆

その1、店内にてそばの実を石臼で挽き、打っています!

お蕎麦屋さんは仕入れや作り方がお店によって全く違うそうです!

松のやさんでは、蕎麦粉ではなく蕎麦の実を仕入れて店内にある石臼でゆっくりと挽いて

できた蕎麦粉で蕎麦を打っています^^

石臼のスピードも様々で、『ゆっくり挽く』というのが松のやの美味しさの秘密だそうです♪

その2、昼だけでなく夜も大満足!一品料理と日本酒が豊富で★大好評★

お蕎麦の美味しさはもちろんのこと、松のやでは一品料理日本酒にも力を入れています!

店内には、6名程の個室や最大17名程が座れる小上がりもあり大事な日や宴会にもぴったりです★


 

※日本テレビのあの超人気番組に生出演!!??

つい先日(2/12)放送『火曜サプライズ』の超人気コーナー“アポなしグルメ旅”の舞台が

なんと四つ木でした~♪レギュラーのDAIGOさんやゲストの神木隆之介さんと松井愛莉さんが『松のや』へアポなしで来たそうなのですが、店主不在の為撮影ができず、、、

なんと!後日、店主の相馬さんが生放送で人気メニュー『肉つけそば』を提供しに行ったそうです!!!

↑ご覧になった方。いらっしゃいますか~??(私はまさかの見ていませんでした…)

 ※ぜひ気になる方はネットやYouTubeで検索してみてください^^

 

◆『松のや』人気メニュー◆

肉つけそば(950円)   ※火曜サプライズでもご紹介!1番人気の看板メニューです♪

鴨つけそば(1,100円)※店頭にも出していますが、『松のや』イチオシメニューです★

天せいろ(1,130円) ※そばも天ぷらも食べたい…長い間愛され続けている夢のメニューです♪


 

~西依のひとりごと~

実は今回取材させていただいた経緯はというと、、、

前回の四つ木さんぽでお世話になった墨田加工の鈴木社長よりオススメのお店として

ご紹介していただき、突撃訪問で取材の依頼をさせていただきました。

ランチだけでなくお酒やおつまみも豊富なので、近々必ず昼と夜どっちも行きます!!

…あまり大きい声では言えませんがここで上司にアピールをして連れて行ってもらおうと思います!()

私が感じた『松のや』さんの魅力(すごい所)は、長年変わらないそばに対する情熱と、

常に楽しみながら新しいものもどんどん取り入れて進化させているというところです!!!

わたしたちはまだまだ新参者ですが、『情熱』と『進化』を見習い、四つ木の皆さんに

頼られ喜んでもらえるような不動産屋を目指します!

突然の訪問にも関わらず快く取材を受けて下さり、本当にありがとうございました!

 

◇『そば希彩 松のや

◇東京都葛飾区四つ木1-29-14(地図はこちら

◇電話番号:03-3691-1587

◇営業時間11時30分~14時30分(ラストオーダー14時)

     17時30分~22時30分(ラストオーダー22時)

HPhttps://www.matsunoya-soba.jp/

 

 

イエステーション立石店 担当:西依智世

<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら

~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~


2019-01-28 15:01:46

四つ木さんぽ ~第1歩~

 

こんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋(新たに四つ木エリア始動しました!)

イエステーション立石店の西依です!

 

もっともっと立石・四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』を

コンセプトに立石・四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 
 
私が紹介する記念すべき四つ木さんぽ』1歩目は・・・

創業70年以上!工業の街『四つ木』に根付くプラスチックの機械加工メーカー
墨田加工株式会社』さんです^^

 

~『墨田加工』のはじまりと四つ木~

-はじまり- ※はじまりは『四つ木』ではなく『八広』←(現在もあります)

鈴木社長のお父様と叔父様(お父様のお兄様)お二人で昭和21年に立ち上げましたが

その経緯をちょっとだけご紹介いたします。

戦前より、鈴木社長のお祖父さまがプラスチックやゴム製品の工業に携わっており

当時主流であった『ゴム』製品よりも、これからは軽くて丈夫な『プラスチック』の

時代だと目をつけ、墨田区八広(現在の八広工場)にあった自宅の庭に工場をつくり

お二人に任せたのが全ての始まりでした。

その後、事業は拡大し母屋をも飲み込み、全て会社の敷地になったそうです!

-四つ木-

四つ木に本社&工場ができたのは約10年前とのこと。

 

実はどうしても『四つ木』を希望というわけではく、八広から近くて広い敷地を

探していたところ、丁度よい物件との出会いがここ『四つ木』だったそうです^^

(偶然とはいえ、四つ木に決まったのもきっと何かのご縁ですね♪)

そして四つ木工場がスタートして間もなく現在の鈴木社長が代表に就任したそうです!

実は鈴木社長は学生時代管理工学を学んでいて、卒業後も大手IT系の会社で

品質管理のお仕事をしていたそうです。5年程勤めたころ(約30年前)に、

新たに八広工場を拡大してつくる第2工場の管理を目的として入社したそうです^^

↑写真はあまり得意では無いと仰っていましたが、快く応じてくださいました(^^)

 

◆『墨田加工』のこだわり◆

“プラスチックでお客様の想いを形に”

大量生産はしておらず“完全受注生産”は長年のこだわりです!

“社員とその家族の幸せを大事に”

鈴木社長はとても社員を大事にしており、常にコミュニケーションを取りながら

一人一人に寄り添っています。勤続年数の長い方も多く、

働きやすさや、会社・業務へのこだわり、愛情が伝わってきますね^^

 

◆『墨田加工』代表的な製品◆

航空機・車両シート部品

航空・車両シートの肘掛カバー、テーブルパネルなど様々な部品を加工しています。

(皆さん1度は必ず見たり触ったりしたことのある墨田加工自慢の製品です^^)

<西依イチオシ製品>(えっ?これもここで作られているの?と感動したもの)

●回転ずしチェーンで使用しているお米を混ぜる機械の部品

⇒お米が潰れないように特殊な加工がされています!

●救急車の上に付いている赤いビーコンカバー

※他にも、半導体・液晶製造装置や食品機械、医療介護機器など、

多くの身近なものの部品がここ墨田加工さんでつくられています^^


 

-西依のひとりごと-

実は、鈴木社長とは約4年前に前職(人材派遣の営業)で出会いました。

2年程のお付き合いの中で、何度も墨田加工さんへ訪問いたしましたが、

いつ来てもアットホームで毎回お伺いするのが楽しみでした^^

特に、社長が皆さんの輪の中に積極的に入り話しかけている姿が印象的でした!

業務内容は違いますが、“お客様に満足していただく為”という想いや目的は

同じなのかなと思っています!イエステーションも墨田加工さんの様に

お客様に満足してもらい、長く愛される不動産屋を目指します!

鈴木社長、お忙しいところご協力いただき本当にありがとうございました^^

 

墨田加工株式会社

■住所:東京都葛飾区四つ木4-3-15

TEL03-3617-1151 

■代表者:鈴木洋一様(代表取締役社長)

HPhttp://www.sumida-mfg.co.jp/

 

 

イエステーション立石店 担当:西依智世

<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら

~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~


1/1ページ 
会員登録無料 とってもお得なイエステーション会員!会員になるとたくさんの非公開物件が閲覧可能に!

会員登録はコチラ

現在の登録物件数

一般公開44

会員公開64

ご来店予約

ご来店いただくと、さらに非公開物件もご紹介できます!

ご来店予約はコチラ