• 会員登録
  • お問合せ
menu
<< 2019年2月 >>
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

記事カテゴリー

記事カテゴリー:すべての記事

前ページ 2/3ページ 次ページ

2018-11-12 17:57:10

立石さんぽ ~第19歩~

 

こんにちは!

立石専門」「売買専門」の不動産屋、

イエステーション立石店の西依です!

 

もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』を

コンセプトに立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『立石さんぽ』第19歩目は・・・

東立石緑地公園のすぐ目の前★ペットホテル『にこくらぶ』さんです♪


 

~『にこくらぶ』のはじまり・名前の由来~

-はじまり-

子どもの頃から犬や猫が大好きだった店長の土谷さんは、

諸事情で里親のいない犬を預かったことをきっかけに、

少しでも保護犬を減らしたいという想いから犬の保育園

にこくらぶ』を始めたそうです^^

-名前の由来-

にこくらぶ』という名前の由来はその名の通り、

ペットと飼い主、皆に『にこにこ笑顔』になってほしいという願いが込められています。

ペットと飼い主、どちらもストレスを感じることなく幸せに最期まで添い遂げてほしい

そんな想いで両者のお手伝いをすべく、犬の保育園としてペットをお預かりし、

また飼育方法のご相談に乗ったりペットだけでなく飼い主さんのケアもされています^^

↑ぬいぐるみみたいに可愛いワンちゃんでした♡

 

◆『にこくらぶ』の特徴とモットー◆

-特徴-

にこくらぶ』の特徴は、犬も飼い主も安心の環境です!

その1、近所に大きな公園あり!散歩好きの犬も大満足♪

その2、ゲージではなくおうちと同じようなお部屋でのびのびと★

※店舗兼自宅なので、知識も経験も豊富なドッグトレーナーが常駐しています。

お泊りの場合も、24時間いつでも駆け付けることができるので安心と大好評^^

-モットー-

ワンちゃんファースト!

何よりもワンちゃんが優先。人間と同じく一匹一匹育った環境も習慣も性格も違います。

吠えやすい犬、ゲージや部屋の隅から動かない犬、お散歩が大好き又は苦手…などなど。

それぞれのワンちゃんに合わせ、寄り添いながらお世話をしています^^

 

 

突然ですが、西依の素朴なギモンコーナー★(ペット飼育経験なし)

Q:ペットを預ける理由は、急な出張や旅行などの他にもありますか?

A:はい、毎週定期的に預ける方も多くいらっしゃいます^^

理由は様々ですが、他の犬や人と触れ合わせるために、

日中留守番をさせずに預けに来られる方も多いんです★

ペットも人間と同じく他の犬や人と触れ合わないと『怖がる』ように

なってしまうので、小さい時に色々体験させてあげることが良いとのこと♪

…犬や猫も人間と同じく『コミュニケーション』が大事なのですね!勉強になります^^

 

西依のひとりごと土谷さんの想い~ 西依のコメント付き

保護犬との出会いから、土谷さんの目標(願い)は

犬や猫の殺処分ゼロ』だと話してくれました。

その為には、飼い主が責任を持って最後まで面倒をみることが大事ですよね。

慣れない飼育で悩む方も多いと思いますが、一人で抱え込んだり手放したりせず、

土谷さんの様な専門家に相談したら、ペットも飼い主もどちらも

にこにこ笑顔』になれるかもしれないですね!!

そんな土谷さんは、取材中片時も犬達から目を離すことはなく、

それぞれの名前を呼びながら幸せそうにお世話をしている姿がとても印象的でした^^

私も土谷さんの様に楽しみながら真摯にお仕事に取り組もうと改めて決意しました★

 

※お顔出しNGの土谷さんに代わり可愛いワンちゃん達が協力してくれました^^

土谷さん、突然の訪問にも関わらずお時間をいただきありがとうございました♪

 

にこくらぶ

■ペットホテル/デイ預かり/しつけ相談/キャットシッター

■代表:土谷順子さん

■住所:葛飾区東立石4丁目12(地図はこちら

■営業時間:7:0022:00

■定休日:年中無休

HPhttps://www.nikowanwan.com/

 

イエステーション立石店 担当:西依智世
<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら
~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~


2018-11-06 19:27:17

立石さんぽ ~第18歩~

 

こんにちは!

立石専門」「売買専門」の不動産屋

イエステーション立石店の松村です!

もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』を

コンセプトに立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

私が紹介する『立石さんぽ』第18歩目は・・・

創業120年の伝統ある老舗『花喜三商店』さんです!!!

※場所は立石駅から徒歩1分!

駅前の商店街を北側へ歩いていくと沢山の可愛いお花が並んでいます。

見た目よし!香りよし!ひと際目立っているので初めての方でもすぐにわかるはず!

 

~店名の由来・こだわり~

-由来-

花喜三商店』こちら実は花喜三(ハナキサ)商店と読みます!

由来は、創業者のお名前が喜三郎(キサブロウ)さんだった為、

』と組み合わせて『花喜三商店』という店名にしたそうです。

ちなみに花屋の店名は、全国的にも人の名前を入れる事が多いみたいです^^

(是非お近くのお花屋さんを思い出してみてください。笑)

 

 

-こだわり-

花喜三商店』では、約50種類以上の豊富な数のお花を常時取り揃えており、

常に新鮮なお花をお客様に提供すること』をモットーにしています!

 

常に新鮮なお花を提供できている秘訣は、ズバリ『水』と『温度』の管理の徹底です!!!

その秘訣とは。。。こまめに水を入れ替え清掃し常に清潔な状態にしておくこと、

そして適切な温度を保つ為に、お店の裏にある冷蔵庫のような保管場所で

お花の温度調整・管理を毎日徹底しています!

また、店頭に並んでいるお花も外気を完全に遮断せずあえて自然な環境で保管している為

お客様の手元に届いても長持ちするように工夫しています^^

 

 

・・・突然ですが、松村のお悩み相談室♪

お花を貰ったけどすぐに枯れてしまってなかなか長持ちさせるのが難しい。。

みなさまも私と同じような経験はないでしょうか?

そんなお花に纏わる悩みを相談してみました!

 

~きれいな花を長持ちさせる㊙テクニック~

一番大事なのは。。。なんといってもお水!

花は水から栄養を吸収し育っていくのですが、水をそのまま放置していると

菌が増えてしまい長持ちしないそうです!できれば毎日水を取り替えてあげて

常に新鮮なお水を与えてあげる事が大事!

もう一つ!花を入れている容器にも菌が移ってしまうので、

容器も洗剤等でしっかり洗ってあげ、菌を洗い流してあげると長持ち効果もグーンとUP

※夏場は菌が繁殖しやすいので、夏場の手入れはより注意して欲しいとの事です!

ちなみに、、、ユリの花は季節問わず一番長持ちするそうです☆

 

~松村のひとりごと~

今回取材させていただいた『花喜三商店』さんとの出会いは

実はイエステーション立石店がオープンした3月でした^^

ありがたいことに開店時に沢山のお花をいだだき

その多くを『花喜三商店』さんにお持ちいただきました♪

花や植物の知識が全く無かった私たちに、育て方などを

丁寧に教えてくれたのが『花喜三商店』のスタッフさんでした^^

 

※良いご縁に感謝です!そしてその節は大変お世話になりました(^^)

お花は、プレゼントしたりもらう機会が頻繁でない方の方が多いと思います。

用途や時期によってどんなお花を渡せばよいのか…悩む場面もありますよね。

花喜三商店』では、知識豊富なスタッフの方々が用途やシーンに合ったお花を

提案してくれるので、初めての方や買い方がわからない方でも安心してお花選びが出来ます♪

ぜひ皆さんもお気軽にお立ち寄り・ご相談してみてください^^

お客様に『良かった』と言われる事が何よりも嬉しいと話すスタッフの皆さん。

そんなお客さまの喜ぶ姿を見ることが何よりの原動力だと話してくれました★

 

◇『花喜三商店

◇東京都葛飾区立石7-2-3 ※地図はこちら

◇電話番号:03-3691-1175

◇営業時間9001900

◇定休日:正月4日間(1/11/4※都合によりお休みする場合がございます。

URLhttp://tateishi-syo-ren.com/1159-entry.html

 

イエステーション立石店 担当:松村
<立石専門の不動産> 
家屋HPはこちら
~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~


2018-10-28 10:25:34

 

立石さんぽ ~第17歩~

 

こんにちは!

立石専門」「売買専門」の不動産屋、

イエステーション立石店の青山です!

 

もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』を

コンセプトに立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『立石さんぽ』第17歩目は・・・

住宅街に隠れた癒しの空間『雑貨hanako』さんです!!

☆★住宅街のど真ん中に、ガレージを手作りで改装した雑貨屋★☆

東立石の住宅街を歩いていると、お洒落な外観と可愛らしい看板が見えてきます。

雑貨が大好きな店主【松本直美さん】が、車庫を改造して作った

(なんとご主人様と一緒に手作りで作ったそうです!)雑貨屋があるのをご存知でしょうか??

2012年にOPENした「雑貨hanako」は、お店の中に入ると

オリジナルの雑貨が所狭しと並んでいます!

店主の想いが沢山詰まっている癒しの空間を今回はご紹介します♪

 

 

~趣味から始まった“こだわり”の雑貨たちに囲まれて~

店主の松本さんは、雑貨屋めぐりが大好きだったそうです♪

前職(小売業)でも、商品である雑貨を店頭に並べる時が一番幸せだったとか^^

知らない街を歩いていても雑貨屋があったら必ず入り、いろんな雑貨を見てきた中で

「いつかは自分の好きな雑貨を集めたお店をやりたい」と思っていた松本さん。

最初は趣味の延長程度で考えていた事も、友人の勧めや、ご主人からの後押しもあって、

いよいよ2012年に念願の雑貨屋を開店!

最初は仕入れた雑貨を店頭に並べ販売していたそうですが、徐々に夢と希望も膨らみ、

今では松本さんがデザインを考え、材料も準備し、作り手さんにオリジナルで

商品を作ってもらっているそうです。

「他のお店と同じものを置いてもしょうがない。他にはない雑貨を見てもらいたい。」

儲ける事が目的ではないので、店内には“手作り”で安価なグッズがズラリ♪

  

※この可愛い手作りバッグでこの値段だったら欲しい!※弊社西依談

自分が好きなものに囲まれたお店をやりたい

雑貨が好きなお客様に癒されてもらいたい

そんな店主の想いが詰まった【雑貨hanako】では、“編み物教室”をやったり、

季節もののグッズをオーダーで作ったり(クリスマスリース、しめ縄等)、

雑貨好きにはたまらないサービスもいっぱい♪

雑貨が好きな方は是非、さんぽしながら東立石の住宅街にある

雑貨hanako】を訪ねてみませんか?

もちろん見るだけOK!なので、まずはお気軽に覗いてみてください♪

 

※笑顔が素敵な店主の松本さん♪

 

~青山のひとりごと~

実は私の家から歩いてすぐ近くにあったので、

前々からずっと気になっていました。

大好きな雑貨たちに囲まれて幸せそうに働く松本さんと、

オリジナルの雑貨たちで溢れた店内は、まさに“癒しの空間”!

可愛い雑貨を見ながら、時間が止まったように癒される感覚を

ぜひ体験してみてください♪

うちの会社でも今度オリジナルの飾りを作ってもらいタイです!

 

 

雑貨hanako

■住所:葛飾区東立石2-26-15(地図はこちら

■営業時間:火・水・金・土 11:0018:00

■定休日:月・木・日

InstagramFacebookでも店内の様子が見れます♪

Instagramhttps://www.instagram.com/zakkahanako/

Facebookhttps://www.facebook.com/naomi.matsumoto.315865

 

イエステーション立石店 担当:青山
<立石専門の不動産> 
家屋HPはこちら
~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~

 


2018-10-21 13:02:30

立石さんぽ ~第16歩~

こんにちは!

立石専門」「売買専門」の不動産屋、

イエステーション立石店の西依です!

 

もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』を

コンセプトに立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『立石さんぽ』第16歩目は・・・

今年の9月で3周年を迎えた、豚バラカレー専門店『SAUCE POT』さんです♪

SAUCE POTのはじまり~ 20159open

<マスターの前職は宝石屋さん!?>

なんと、マスターの前職は宝石の営業マンだったそうです!

ワイルド系のマスターがまさか『宝石』の営業マンだったとは…少々驚きました^^

そんなマスターは昔から『料理』や『小売業』が好きで、

飲食店を開くことが夢だったそうです!いつ始めようかと機会を伺い…

ついに3年ちょっと前に決断し、潔く脱サラ!⇐なかなか勇気のある決断ですね!

<カレー屋を開くと決めてから>

飲食店といっても、沢山ありますよね~。

マスターは一人で営業できるものを考え、大好きだった『カレー屋』に決定!

そして、ビーフでもチキンでもなく1番好きだった『ポークonlyでいくことを決意!

~一味違うSAUCEPOTの『豚バラカレー』~

よくある薄切りの『ポークカレー』ではなく大胆にゴロっとお肉の塊を入れた

豚バラカレー』にした理由は・・・ズバリ!“インパクト!”だそうですが、

もちろんそれだけでなく、とろとろ柔らかいのに食べ応えのあるSAUCEPOTならではの

特別な『豚バラ』と『ルー』の相性は抜群で、一度食べたらやみつきになります^^

 

SAUCEPOTのこだわり◆

その1、『安定感のある味へのこだわり』

いつ来ても、同じ味で満足していただけるように『管理』を怠りません!

1番大事なのは『鮮度』であるとマスターのこだわりは徹底しています★

その2、『お店の要でもある“ルー”へのこだわり』

SAUCEPOT要ともいえる豚バラカレー』の“ルー作り”はそう簡単ではありません!

1番のポイントは『あめタマ(タマネギを炒めたもの)』だと教えてくれました^^

水も油も使わず玉ねぎだけの甘味と水分量で炒めることにより、

旨味が凝縮して美味しいルーができるそうです!(なんと作業時間は4日間)驚きです!

その後も完成までの道のりはまだ長く、“豚バラ”は形を崩さずやわらかくするために、

弱火でコトコト2日間も“ルー”とは別に煮込み、一晩寝かしているそうです!

また、油の使用料が全体的に少ないので、胃もたれもせずヘルシーなカレーです♪

~(勝手に)西依の質問コーナー~

SAUCEPOTの豚バラカレーを食べるたびに感じていた疑問を聞いちゃいました★

一口目はフルーツ等の甘味を感じるのに、食べ進めるとほのかな辛みが口の中に広がり、

とにかく美味しくて癖になります!マスター、ズバリこの辛みの秘密は何ですか??

・・・それは・・・企業秘密だそうです!←ですよね(^-^; 終了!笑

その3、『サイドメニューへのこだわり』

夕方以降は、カレーと一緒にお酒を飲まれる方も多いとのことで、

ご飯なしの『おつまみルー』をはじめ、マスター一押しの本格的な『タコス』や

自家製『コールスロー』、『ナゲット』などお酒が進むメニューも数多くあります★

※ランチ以外のお時間もオススメです!!

 

◆マスター一押しメニュー◆

豚バラカレー ※なんといっても看板メニュー!1度食べたらやみつき!

コールスロー ※オリジナルな味付けが人気で、これだけ買いに来るファンもいます!

タコライス  ※タコライスを食べ歩いているお客様にもお墨付きをもらうほど超本格的!

↑取材以来、タコライスが気になって仕方がありません!!!皆さんも是非一度お試しください★

~西依のひとりごと~

駅から徒歩1分!商店街のすぐ近くにあるSAUCEPOTさんは、

カフェの様なオシャレな雰囲気ワイルド系のマスターが特徴的な、

女性お一人でも入りやすいお店です^^

一見怖そうに見えるマスターはとっても気さくでお話好き★

見た目とのギャップをぜひ生で確認してみてください(^^)

そして、もちろん私の一押しはやみつきになる『豚バラカレー』です!!

旨味の中にある辛さの秘密を、私と一緒に探りませんか?^^

テイクアウトもありますので、気になる方はぜひ一度足を運んでみてください~♪♪

マスター、お忙しいところありがとうございました(^^)

SAUCEPOT 店長:外山勇治さん

◆東京都葛飾区立石1-20-6 浅田ビル1F

※京成立石駅 徒歩1分 <地図はこちら
◆営業時間
 11:3022:00 ※定休日:月曜日

 

イエステーション立石店 担当:西依智世
<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら
~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~


2018-09-30 11:20:49

 立石さんぽ ~第15歩~

 

こんにちは!

立石専門』『売買専門』の不動産屋

イエステーション立石店の松村です!

 

もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』を

コンセプトに立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介致します!

 

私が紹介する『立石さんぽ15歩目は・・・

下町カフェ あみちえ』さんです!

ここは普通のカフェじゃございません!コミュニティカフェなんです!

(コミニュティカフェって何?と思った方々、下にスクロールしてください♪) 

 

松村の初耳学~

コミュニティカフェとは?

人と人とを結ぶ地域社会の場や居場所の総称』です。

その運営はNPO法人や任意団体、個人が主体となっており

空き家・空き店舗・自宅などを利用して開設されています。

普通のカフェと違い、飲食を第一の目的とせず、地域住民が集い、

交流し情報交換することに重きを置いているのがコミュニティカフェの特徴です。

なので『あみちえ』さんでは、スタッフが皆様ボランティアなのです!!

※地域のコミュニティを大事にしており、『もっと立石住民の方に喜んでもらいたい』

という想いから、皆さま無償で働いているそうです^^

 

★『下町カフェ あみちえ』のはじまりと名前の由来★

~オープンのきっかけ~

オーナーである石川さんが2003年~2013年頃まで立石にて

地域発展に貢献したいと考える方々に向けて、「地元学」という地域コミュニティの

歴史勉強会や体験企画の講師を務めていた頃のこと。

講座帰りに、地元参加者の皆さまと行きつけのお店でお茶をしている時間が

とても楽しかったそうです。

お互いに仕事やプライベートなことを打ち明けながら、大変な時は助けあい、

交友の輪が広がり、『良い縁がうまれる事で幸せになっていく』と考えたそうです。

そうして、地域のコミュニティをより広げられる憩いの場を実際に

自分自身でつくりたく、20143月に『下町カフェ あみちえ』をオープン★

-オープン前のこぼれ話-

お店を始めるにあたり、様々な方のご支援があったそうです(^^)

例えば、店舗は友人のご紹介で見つけ、内装は友人とともに愛情を込め

手作業でペンキを塗り、メニューなども皆さまと一緒に考え、試行錯誤しながら

無事オープンすることができたそうです☆

そんな絆の深い皆さんとは、オープン前に1日だけ古民家を借りて

『1日限定★お試しカフェ』を開いたそうで、とても和気あいあいと

素敵な想い出となる1日だったのではないかと想像ができました^^

 

 

~『あみちえ』という名前の由来~

あみさんと、ちえさん二人で始めたからと思う方が多いのではないでしょうか?!

僕もその一人です(笑)

正解はというと・・・由来はフランス語。

Amitie’(アミティエ)という言葉があり、『友情・つながり』を意味します。

気軽に立ち寄れる、そして色んな人と出会い・繋がれるカフェを作りたいという

気持ちと、『この場所で知恵編み出す』という2つの意味から『あみちえ』と

付けたそうです!※ひらがなにしたのは、親しみやすいから^^ 

 

★「あみちえ」のこだわり★

コミュニティを大事にしているのはもちろん、食事に対しても一切妥協しないのが、

下町カフェ あみちえ』さんのこだわり!

イチオシの「週替わりランチ」は、スタッフの皆さんが交代制でメニューを考え、

主食副食デザートの細部に至るまで細かく研究を重ねているそうです!!!

※ランチメニューはテイクアウトも可能なのでお近くにお越しの際は是非寄ってみてはいかがでしょうか♪

また、参加される皆さんがお店のキッチンで自ら料理を作り食べ合う

おたがいさま食堂』や日本酒の会』『ビールの会』など季節ごとのイベントも含め、

月に1度のペースで様々なイベントを開催しているそうです^^

地域の方と交流出来る場でもあり、毎回参加されるファンも多く大好評とのこと★

 

 

※初めての方やお一人でのご参加の方も大歓迎とのことなので、ぜひ気になった方はご参加ください★

 

 

~松村のひとりごと~

最初、スタッフの皆さまがボランティアとお聞きし驚きましたが、

ここに行けば誰かに出会える』、『気軽にゆっくり過ごせる場所』、

来てくれるお客様にとって心のよりどころになって欲しい。

出会いを通じて新しい発見がある。そう考える皆さまの想いこそが、

地域の皆さまに愛されている秘訣なのかもしれませんね^^

そんな『あみちえ』さんに来て松村が感じた魅力は、石川さんとの楽しい会話、

白と水色を基調とした落ち着きのある内装、流れてくる心地よい音楽、

美味しい食事とコーヒーと、風情ある立石の街並み絵画等々、、、

このブログだけでは書ききれません!!!

僕も取材をしながら、すっかり仕事中だった事を忘れてしまうところでした。笑

※気になる方は、是非直接足を運んでみてください^^

ちなみに…そんな『あみちえ』さんが発行している『かつしか立石散歩

(家屋のブログと名前が一緒でした。笑)

こちらも、立石にまつわる人やお店が掲載されているので要チェックです!

◇『下町カフェ あみちえ

◇代表 石川 寛子さん

◇東京都葛飾区立石3-15-4

◇営業時間 11002100 地図はこちら

◇定休日 ランチ/水・木曜日 ディナー/月・水曜日

   ※ランチは無くなり次第終了

TEL03-3695-0925

 

 

イエステーション立石店 担当:松村
<立石専門の不動産> 
家屋HPはこちら
~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~

 

 


2018-09-11 11:29:06

立石さんぽ ~番外編~

 

みなさんこんにちは!

立石専門」「売買専門」の不動産屋、

イエステーション立石店の西依です!

 

今回は、『立石さんぽ』番外編です(^^)

先日立石地域で行われました『立石フェスタ2018』にちょこっとだけ

お邪魔してきましたので、私なりの感想を交えご紹介いたします★

 

◆見学1 “立石ラップのど自慢” ~アーケードステージ~

なんと!先日『立石さんぽ』の取材に伺った「らマルキ」の店長、るみ子さんが出場!!

これは是非見に行きたい!と思い参戦^^

アーケードに着いた瞬間、あまりの人の多さに驚き圧倒されました!!

《驚き?ポイント》

その1、

葛飾区長が即興ラップ披露で大盛り上がり!!!(しかもとても上手★)

その2、

「ら・マルキ」「ルミラボ」のパティシエ小島夫婦の圧倒的な見た目とパフォーマンス力★★

今回はお二人のパフォーマンスを見るために行きましたが、、、!

想像以上に気合の入った衣装(特に旦那さん)にまず驚き、

ラップ自体も、取材時にご紹介していただいた新商品『ルミラボール』をテーマにしていて、

とても聞きやすくおもしろくて、息もピッタリなbestカップルでした★最高でした!!!

 

◆見学2 “かつしかFM公開収録-夢ステーション-~タカラトミー前~

こちらも、以前『立石さんぽ』で取材させていただいてからお付き合いのある

「かつしかFM」の公開収録を見学しました(^^)

残念ながら終了間際に行ってしまい、一番の盛り上がりには間に合いませんでしたが、

普段見ることのできない“ラジオの収録現場”を生で見ることができて、とても貴重な経験でした★

いつお会いしても爽やかな笑顔の田畑副局長とパシャリ★お疲れさまでした~!!!

 

◆見学3 “サンバパレード-立石オリジナルサンバ-~アーケードステージ出発~

こちらは、一度タイトルを見てしまったら気になりますよね!?()

サンバ?立石オリジナル?

サンバと言えば、「マツケンサンバ」か「浅草サンバカーニバル」ですよね!?(笑)

皆さん、これからは違いますよ!「サンバ」といえば「立石」!盛り上がってますね~!

ところが急なトラブル発生…なんと、出発の直前に豪雨が…

しばらくアーケード内で踊ることになりましたが、参加者の皆さんの笑顔と

キレのある踊りと、大勢のギャラリー(応援)で大盛況でした(^^)

 

-にしよりのまとめ-

初の立石フェスタは、出発が出遅れてしまい少々後悔しています…。

しかし、悪天候の中たくさんの人が集まって賑わっていて、

老若男女皆さんのキラキラ輝く笑顔に出会えたことがとても嬉しかったです(^^)

改めて、立石は良い町だな~と感じた1日でした★★

次はどのお祭りに参加しようかなぁ…(^^)

次回の番外編もお楽しみに★★★

 

イエステーション立石店 担当:西依智世
<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら
~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~


2018-09-03 16:36:33

立石さんぽ ~第14歩~

 

こんにちは!

立石専門」「売買専門」の不動産屋、

イエステーション立石店の西依です!

 

もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』を

コンセプトに、立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『立石さんぽ』第14歩目は・・・

30年も立石の皆さんから愛されているケーキ屋さん『ら・マルキ』さんです♪

◆はじまりは『マルキパン※立石さんぽ第12歩をご覧ください(^^)

1988年(昭和63年)『ら・マルキ』オープン~

《駅前の線路沿いには、『Rumi Laboという系列のケーキ屋も大好評営業中

★お店を任されて約20年★

とっても明るく優しい店長、荒井るみ子さんに気になるあれこれを聞いちゃいました

◎ケーキを作ろう、お店を継ごうと考えたのはいつ頃からですか?

ズバリ!昔から継ごうと考えていたそうです(^^)

マルキパン』の創業者でもあるお祖母さまより、「良いもの」を沢山食べなさい、

そして「悪いもの」も食べて味覚を養いなさいと、幼少期から『英才教育』を

受けていたそうで、物心ついた頃から、食べ物を食べたり作ることが大好きだったとのこと★

そのため、ごくごく自然にケーキ職人への道に進んだそうです(^^)

 

◎ケーキ職人になるために必要な免許はありますか?

ズバリ!免許は必要ないそうです!(製菓衛生士という名称独占資格はあります)

製菓学校に通ったりお店で修業をしたりして、採用された店舗で働けます★

-製菓学校豆知識-

・生徒の9割は女性 ~意外ですね!パティシエ=男性が多いイメージでした~

(しかし、体力勝負な上に結婚・出産などもあり、残念ながら早期退職者も多いみたいです)

・朝ドラ『まれ』のテレビ放送後、生徒が急増

~主人公のまれがパティシエを目指して奮闘する姿に影響を受けたのですね~

 

◆『ら・マルキ』オススメの商品をご紹介

-不動の1番人気-『たていし小判』

ら・マルキ』人気No.1のプチチーズケーキです。

チーズ/チョコ/イチゴ/抹茶 ※4種類あります

-50年間変わらぬ味-『メモリー』

お中元・お歳暮に大人気!『ら・マルキNo.1のロングセラー商品です。

バターカステラにチョコレートがコーティングされていて、

ホワイトチョコレート/スイート ※2種類あります

 

-美肌効果あり!?女性にも大人気-『べっぴんぷりん』

とにかく素材にこだわっています!!!

・ミネラルたっぷり「ウズラの卵」

(お肌ぷるぷる効果のあるコラーゲン&ヒアルロン酸入)

・体を温める作用がある唯一の糖分「てんさい糖」を使用

※残念ながら売切れでした…皆さんもお早めに★

 

◎新メニューのご紹介◎

ルミラボール 9/1(土)より販売開始

-ルミラボール豆知識-

こちらの商品は、少々ラム酒が効いた大人なチョコレートで、

新たな『立石土産』になること間違いなし♪

そして、なんとパッケージが凄いことになっています!!!

ここ葛飾区立石在住の芸術家ごーぎゃん高橋さんと、

「週刊プロレス」の元編集者ターザン山本さんのコラボレーションで制作され、

とってもオシャレで可愛い仕上がりです♪

 

◆『ら・マルキ』のこだわり◆

“シンプルで美味しい” 

お祝いなどの際に、「ケーキはみんなが集まる場所に華を添えるもの」であると考えていて、

「派手すぎず、主張しすぎず」、“シンプルでおいしい”を常に追求しています★

“材料と製法にとことんこだわる”

「スポンジ」と「生クリーム」でほとんどのケーキの美味しさが変わる!?

スポンジの材料や、生クリームの脂肪分など、常に研究し美味しさを追求しています★

-西依のひとりごと-

今回は、大ファンの『ら・マルキ』への取材ということで、

伺う前からワクワクしていました★★

店長のるみ子さんは、とっても大らかで気さくな方で、

誰よりも立石を愛しているからこそ、長年『ら・マルキ』のケーキや、

るみ子さんご自身が立石の皆さんに愛され続けているのだと感じました^^

また、常に新たなアイディアを構想しているそうで、近々『ら・マルキ』店内が

レストランになり…キッシュやお酒に合うチョコなどが食べられる日が来るかも!?

~ぜひ実現されることを楽しみにしています~

まだまだ貴重なお話は沢山ありますが載せきれません…((+_+))

立石さんぽ史上初の第二弾をいつか実現させたいと思います★

ではではまた逢う日まで~♪

 

ら・マルキ 店長:荒井るみ子さん

◆東京都葛飾区東立石3-25-9

※京成立石駅 徒歩3分 <地図はこちら
◆営業時間
 9:3020:00

※定休日:第3水曜日


イエステーション立石店 担当:西依智世
<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら
~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~

 


2018-08-21 14:56:44

立石さんぽ ~第13歩~

こんにちは!

立石専門』『売買専門』の不動産屋

イエステーション立石店の松村です!

 

もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』を

コンセプトに立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介致します!

 

私が紹介する『立石さんぽ』13歩目は・・・

高齢者の方や障がい者の方が楽しく健康で過ごせる施設

たまごかけごはん』です!

 

*『たまごかけごはん』のはじまり・歴史* 

現在、老人ホームは全国各地に沢山ありますが

50年程前までは老人ホーム等の施設は少なく見つけるのが大変だったそうです。

そんな中三浦会長は、楽しみが少ないとお悩みの高齢者の方や、遠い施設まで

通っている認知症の方々と出会い、今よりもっと『毎日を楽しく過ごせる場』、

『地元に住み続けられる場』が必要と感じたのがきっかけ(はじまり)でした。

葛飾で生まれ育った三浦会長は、高齢者と認知症の方への理解を深めていくなかで、

地元での老人ホーム設立を目指し、平成7年(1995年)奥戸に葛飾区初の有料老人ホーム

『コスモス』(現在は営業なし)を設立しました!

 

当初は、三浦会長含む女性スタッフ5名でスタートしたそうですが、

30年の間で都内各地に施設も増え、平成26年(2014年)にここ立石にて

グループホーム『たまごかけごはん』を設立しました。

 

突然ですが!~ちょこっと豆知識コーナー~

Q1:グループホームとは?  A:認知症の高齢者が共同生活を送る介護福祉施設

Q2:デイサービスとは?   A:日帰りの介護施設

 …だそうです! 知っている様で知らないことが多く、勉強になりますね!

 

*施設名『たまごかけごはん』の由来*

飲食店・・・?と思う様な『たまごかけごはん』という施設名の由来は、

皆さんご存知の『卵かけご飯』が三浦会長の大好物だったことから由来しています☆

ちなみに…

現在『生たまご』は、衛生上病院や施設等では提供できない法律があり、

残念ながら、三浦会長の大好物『卵かけご飯』をゲストの皆さまに提供することはできません…。

いつか皆さんに美味しい卵かけご飯を提供できる日がくることを三浦会長は願っているそうです★

※㊙話⁉※

たまごかけごはん』という名前を付けた後に地元の方から聞いたそうですが、

昔この場所は養鶏場だったそうです!⇒皆さんそんな事は知らず、大変驚いたそうです!!!

~たまごで繋がるなんとも奇跡的なご縁に運命を感じますね♪~

 

*『たまごかけごはん』のこだわり*《スタッフ皆さんで常に心掛けていること》

その1、 呼び方

一般的な介護施設などでは、お客様の事を入居者や利用者等と呼びますが、

たまごかけごはん』では、皆様一人一人が大切な存在であり、

そのご家族からも大切な存在であるという意味を込めて【ゲスト】とお呼びしています。

その2、食事

『お腹を満たす』だけでなく『心を満たす』ことを大切にしており、

ゲストの皆さまとの楽しい会話を常に心掛けて接しているそうです。

ゲストの皆さんの希望で、インスタントラーメンや菓子パン等を食事で出す事もあり、

『食べたいものを食べてもらう』という当たり前の様な行動が、

ご高齢者向けの施設では非常に珍しいようで、ゲストの皆さまからも大好評だそうです!

その3、服装

ゲストの皆さまの『心のケア』を大切にしており、他の施設のような制服はありません。

日常と変わらない普段の服装でいることで、ゲストの皆さんにはご自宅にて

家族といるような親近感をお持ちいただき、安心してお過ごしいただけるよう

スタッフ皆で取り組んでいます★

 

 

-松村ウォッチ-

施設の中は、スタッフの皆さんとゲストの皆さまとの会話でとても賑わっており、

ゲストの皆さんを心から大切にしている気持ちがとても伝わってきました。

これからも、高齢者の方や認知症の方が、より充実した生活を送れる居場所が

もっともっと増えていくべきだなと実感しました。

~イエステーションも、立石地域の皆さんにとって、

なくてはならない存在になりタイと思いました!ではでは~ 

たまごかけごはん

■住所:葛飾区東立石2-18-3 <地図はこちら

■定休日:年中無休(24時間電話対応可能)

■電話番号:03-5671-0090

◆たまごかけごはんも含めたグループ全体のブログを楽しく連載しておりますので、

少しでも興味がわいた方は是非一度覗いてみてください^^

ブログへのアクセスはこちら

 

イエステーション立石店 担当:松村
<立石専門の不動産> 
家屋HPはこちら
~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~


2018-07-27 17:36:24

立石さんぽ ~第12歩~

こんにちは!

立石専門」「売買専門」の不動産屋、

イエステーション立石店の青山です!

 

もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』を

コンセプトに立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『立石さんぽ』第12歩目は・・・

地元の皆に愛されている『マルキパン』さんです!!

~昭和5年(1930年)創業!地元で愛されるマルキパンの人気の秘密!!

芝浦で創業し、当時はお団子やお稲荷など、和菓子を中心に販売していたマルキさん。

創業者のアライキタロウ氏の“キ”の文字を〇で囲み、

㋖(マルキ)という名称でオープン!

創業後、先代(創業者)の姉が立石に住んでいた縁もあって、戦前に立石へ移転。

それ以来、70年以上にわたって立石住民に愛されてきました♪

現代表の荒井憲一氏が昭和46年(1971年)に2代目としてお店に入り、

現在の「ら・マルキ」さんがある奥戸街道沿いの店舗で、ケーキとパンを

販売しながら益々地元に愛されるパン屋さんとしての人気を確立していきました♪

立石では昔「7のつく日」は奥戸街道で縁日を開催していたそうですが、

毎回パンが売り切れになるほどの大人気だったとか!

 

~平成元年、店舗建替えに伴い現店舗のマルキパンへ~

昭和63年、奥戸街道沿いのビル建替えに伴い現住所に移転。

これを機に、ケーキ屋(ら・マルキ)とパン屋(マルキパン)を

別々の店舗で営業することに!

平成元年、ビル新築と同時に現住所にてマルキパンとして完全独立。

「ら・マルキ」を娘さんに任せ、「マルキパン」を息子さんと共に更に

発展させていくことを決意しました♪

おいしいと言ってもらえるパンをつくる

パンを通じてお客様との輪を大事にしたい

代表が常に大事にしているこの二つの言葉どおり、

・時代と共に変化(進化)する材料や原料を常に学び、

その材料を活かす設備を使いこなす為に試行錯誤を繰り返しながら勉強をし続ける。

・日本人の味覚も時代と共に変化していく中、昔からのお客様との会話も忘れずに

メニューを考えていく。

地域のお客様に対するこの考えが、地域の皆様から愛される秘訣なのかもしれません。

・野菜サラダドッグ(160円)

~昔からある不動の人気メニュー~

時代と共に進化しながら、昔ながらの味で大人気♫

 

~青山のひとりごと~

大学卒業後からマルキパン一筋で働いてきた代表の想いが詰まったパン。

どれも美味しそうで、いつも迷ってしまいます!

私も出勤前に買うことも多いのですが、私の定番は「ミニたまご」と「ミニツナ」♪

朝は少食の私にピッタリのサイズで、パンの味がしっかりと感じられる惣菜パンです。

ぜひ、皆様もマルキパンのオススメパンを探してみてはいかがでしょうか?

PS~立石大通り商店会の会長も務める荒井代表!何かあれば我々もお手伝いします!!

 

マルキパン

■住所:葛飾区東立石3-25-13(地図はこちら

■営業時間:7:0020:30

■定休日:月曜日

 

イエステーション立石店 担当:青山
<立石専門の不動産> 
家屋HPはこちら
~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~


2018-07-10 14:24:36

立 石 さ ん ぽ ~第11歩~

 

みなさんこんにちは(^^)

立石専門の不動産屋『イエステーション立石店』の西依(ニシヨリ)です♪


もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ

コンセプトに立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 


さて、『立石さんぽ』第11歩目は・・・☆
実は立石に30件以上ある
理髪店・美容室の中から、

今年60周年を迎える『美松理髪店』さんにお邪魔してきました^^

美松理髪店の歴史~

●はじまり、店舗名について

60年以上前から、ご主人のお祖母さまがこの場所で理髪店を営んでおり、

当時修行に出ていたご主人のお母様が勤めていたお店の名前に『美松』が

入っており、のれん分けの様な形で名前を引き継ぎ『美松理髪店』と

なったそうです。

~ご家族皆さまで60年以上も守ってきたのですね~

●立石との歴史

ご主人のご両親は埼玉のご出身だったそうですが、ご縁があり立石に来たそうです^^

それでもご主人は立石生まれ立石育ちの生粋の『立石人』です♪♪ 

 

<教えて!理髪店と美容院の違いは?>

前から気になっていた、『理髪店』と『美容室』の違いを聞いちゃいました★

◇主な違いは『顔そり』ができるかできないか◇

『理容師』と『美容師』はそもそも免許が違い、『理容師』は刃物を

使用するので、保健所への申請や店内の広さなどにも

細かい規定があるみたいです!

また、『理容室』は整える、『美容室』は美しく、というような目的の

違いもあるみたいです★

~確かに美容室より座席や周りの空間が広い!

すぐに誰かに話したくなる豆知識ですね!~

 

美松理髪店の取り組み・こだわり

◇取り組み◇

●常に新しい技術を学び、取り入れる

 ↳理容組合に加入し、講習会や勉強会を通して常に流行に合わせて新しい技術を学び・研究。

◇こだわり◇

●すべて1人で対応していること(効率よりクオリティやお客様満足度重視★)

 ↳1人で対応しているので、少々お待たせしてしまうこともありますが、

 人によって異なる技術の差やムラのない安心したサービスがとても好評です★

●シャンプー、シェービング、マッサージありのトータルサービス

 ↳もちろん♪カット以外の上記のサービスも、腕の良いベテランのご主人が担当します★

※お待ちいただく方も、ゆったりとしたソファーと漫画や雑誌が充実しているので安心です★


-にしよりのひとりごと-

お一人で大変お忙しいところ、取材を受けて下さった

ご主人の杉山さん、本当にありがとうございました!

理髪店は、正直女性の私はあまり馴染みがありませんでしたが

広くてきれいな店内と、トータルサービスのメニューにとても魅力を感じ

私も一度体験してサッパリしてみたい!と本当に思いました!!

もしも男性だったら、間違いなく『美容室』でなく『理容室』に通っています★

一人での営業は大変なこともあるようですが、『すべてはお客様に喜んでもらう為』

というご主人の強い想いにとても感銘を受けました!!!

私たちイエステーションも、お客様の夢を叶え、喜んでもらえるように頑張ります★★

 

美松理髪店 ご主人:杉山さん

◆東京都葛飾区立石1-21-1

※京成立石駅 徒歩1分 <地図はこちら
◆営業時間

【平日】9:0019:00

【日曜・祝日】9:0018:30

定休日:月曜・火曜日(第2、第3のみ定休)

※予約は平日のみOK(夕方ごろまで)


イエステーション立石店 担当:西依智世
<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら
~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~


前ページ 2/3ページ 次ページ
会員登録無料 とってもお得なイエステーション会員!会員になるとたくさんの非公開物件が閲覧可能に!

会員登録はコチラ

現在の登録物件数

一般公開43

会員公開62

ご来店予約

ご来店いただくと、さらに非公開物件もご紹介できます!

ご来店予約はコチラ