• 会員登録
  • お問合せ
menu
<< 2019年10月 >>
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

記事カテゴリー:すべての記事

1/5ページ 次ページ

2019-10-13 10:34:32
四つ木エリアの皆さま お待たせいたしました^^ 台風から一夜明け 今年一番の秋晴れではないでしょうか。 そんな中、四つ木3丁目で オープンハウスを開催します!!! 毎週土日開催しておりますので 詳細はイエステーションまで お気軽にお問合せください^^ イエステーション立石店 担当:西依

2019-10-04 15:27:36

立石さんぽ ~第36歩~

 

こんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋

イエステーション立石店の中村です!

 

もっともっと立石・四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに立石・四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『立石さんぽ』第36歩目は・・・

 

鶏肉好きにはたまらない居酒屋!びがくさんです!!!

 

~びがくのはじまり~

[びがく]は、今回インタビューを受けていただいた店主の石井さんが、昨年1023日にオープンした居酒屋です。

亀有で三年間お店を経営した後、昨年契約更新を機に立石へ引越しをしてきました。

 

石井さんがここ立石にて居酒屋を開くにあたって、こんなエピソードがありました!

石井さんは元々プロサッカー選手を目指しており、Jリーグのクラブチームにも所属しながら、居酒屋でバイトをしていました。

残念ながらプロテストには合格できなかったそうですが、バイト先の居酒屋で新たな夢を見つける出会いがありました。

店長やお客様から、今までのスポーツ界では学べなかった事を沢山教わり、居酒屋の魅力に引き込まれていったのだそう。

 

その後、そのお店で社員となった石井さんが「お店を開こう!」と決心したのは20歳の時。

成人式で、社会人と大学生の「やりたい事が決まっている人、やりたい事が見つからない人」の声を聞いた時に「このまま社員として雇われて長く働き続けるのは難しいな」と考え

「だったら自分のお店を開きたい」と思ったのだそうです。

 

~開店までの道のり~

その後は九州の養鶏場で働きだして、忙しい日々の中、初めて一羽だけヒナの管理を任され無事育て上げました。

ですが、最後にその育てた鶏をさばくようにと言われ、今までは普通にさばいていたのに、自分で育てた愛着のある鶏をさばくことに少し泣いてしまったのだそうです。

「食材の大切さ」を学んだ石井さんは、今でもその想いを大事に美味しい鶏肉料理を提供されています。

 

そして、その養鶏場は今現在[びがく]で使用されている鶏肉の仕入れ先となっています。

沢山のターニングポイントやご縁が、今のびがくに繋がっているようですね♪

 

~名前の由来~

[びがく]の由来は、石井さんがお店を開く際に大切にしていきたい事をノートに書き出した時の頭文字である、

「び」美味しい食事と空間を

「が」我々はお客様に提供し

「く」食して頂く

を繋げたものだそうです。お店の名前からも、お客様を大切に思う石井さんの優しさが伝わってきますね!

 

~オススメ~

「地鶏のお刺身」「地鶏の天ぷら」「地鶏の焼きもの」「地鶏の水炊き」

・・・などなど、自慢の九州産の鶏肉が使用されたお料理が自慢です!

毎日新鮮な鶏肉を九州から仕入れているので、美味しく頂くことができちゃいます^^

新鮮なお刺身はしっかりと臭みを消しており、食材そのものの歯ごたえや食感が楽しめます。

天ぷらのオススメの食べ方は、お手製のゆず胡椒に付けて食べること!ゆずの風味が天ぷらに良く合うのだとか♪

その他にも、おすすめメニュー「辛子レンコンフライ」で使用されている“レンコン”や、美味しい“焼酎”も九州から仕入れており、こだわりが感じられます!

 

 

 

実はこの記事を書いた後にお店へ行ってきました!席は満席状態で丁度三人分空いているという盛況具合!

“地鶏のミックス焼き” “地鶏の刺身 5点盛り合わせ” “辛子レンコンフライ”

”ネバネバ納豆えびせん” ”すき焼き丼” などなど頂いてきました^^

  

味付けが施されておりそのまま頂いても、ゆず胡椒を少しつけて食べても良し!

噛むと肉汁がじゅわっと出てきて旨味を感じます^^

わさび、ニンニク、玉ねぎと一緒に醤油に付けて食べるのが良いそうです

くさみが一切感じられず、コリっとした歯ごたえが最高です★特にささみが美味しかったです!

辛子レンコンフライもレンコンが分厚くて程よい固さと柔らかい甘みが

からしに良く合っていて堪りませんでした

 

 

どれも本当に美味しかったです~!

冬は寒くなるので地鶏の水炊きを食べに行ってみようと思います♪

 

 

~石井さんのモットー~

「ご来店いただき、ありがとうございます。美味しい食べ物を提供いたします!」という気持ちを大切にしており、“お客様が第一”を心掛けている石井さん。

立石の飲み方の特徴として「はしご酒」が浸透していますが、[びがく]ではゆっくり飲んで、ゆっくり食べられる空間を提供したいという願いがあるのだそうです。

 

 

~中村のひとりごと~

店内はとてもおしゃれで、かつ居心地の良い空間でした^^

ちなみに、石井さんの同期であるサッカー選手の岡崎慎司さんもいらっしゃったことがあるそうで、サインが置いてあり驚きました!

居酒屋業界に長く携わる石井さんですが、「お客様に学ばせて頂いているんです」と真摯に話す姿にプロフェッショナルな心構えを感じられ、私も良い刺激を受けました。

ゆっくりお酒と食事を楽しみたいな、と立石にお越しになった際には、ふらっと[びがく]へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか♪

お忙しい中インタビューを受けて下さった石井さん、本当にありがとうございました!

 

 

[びがく]

 

◇東京都葛飾区立石4-27-11

 

◇電話番号:03-5671-5290

 

◇営業時間:15002300

 

◇定休日:日曜日


2019-09-27 18:51:01

四つ木さんぽ ~第5歩~

 

こんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋

イエステーション立石店の中村です!

 

もっともっと立石・四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』を

コンセプトに立石・四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『四つ木さんぽ』第5歩目は・・・

全国各地から厳選!こだわりの味噌が絶品の『坂本商店』さんです!!

店主の奥様、坂本さんにお話をお伺いしました!

 

~どんなお店?~

かつて四つ木銀座通りと呼ばれ、メイン通りだった道路の一角に建つ坂本商店さん。

昭和29年(1954年)にご主人のお父様が25歳で開業された、なんとあのアド街ック天国にも紹介されたことがある、歴史のある味噌屋さんです。

先代が五反田本店で修業をした後、月島にある「坂本商店」というお店で修業中に出会った娘さんと結婚をした後、そこからのれん分けをして、四つ木へと移ってきたんだそう。

道路拡張の為、20186月リニューアルオープンをしたそうです。それまでは昔醤油を作る際に使用されていた大きな醤油樽があったり、味噌樽に蓋を付けていなかったようですが、時代の流れと共に変わったようです。

少しだけ寂しい気もしますが、今でも昔から通い続けているお客様が多くいらっしゃるそうです♪

 

~味噌のあれこれ~

日本の食卓には欠かせない調味料の味噌。必ずどの家庭にも置いてあるのではないでしょうか。そんな身近な調味料である味噌を、店長自ら日本全国から厳選して量り売りをしています。

昔各家庭で作られていたという味噌は、現在では機械によって工場で大量生産されるのが主流となりましたが、ここ坂本商店さんでは主に人の手で製造している蔵から取り寄せて販売しているとても貴重なお店です。

坂本さんによると、大型スーパーなどで売られているパックに入った味噌は既に酵母菌が消滅しており、正真正銘の味噌とはいえないのだそう。

私はそのお話を聞くまでそれが味噌だと思っていたので、本当に驚きました。

<ちょこっと豆知識>

材料はそれぞれ違うそうですが、基本は「大豆・塩・麹(米・麦)」で作られているようです。材料・作る人・菌・蔵によって味は全く違うんだそう。

蔵に生息している「酵母菌」というものが、それぞれの蔵で作られる味噌の味の個性を引き出してくれる大事な要素なんだそうです。

 

~オススメの味噌BEST3☆~

NO.1 信州白つぶ味噌

あまり癖がないそうで、坂本商店人気不動のNO.1メニューだそう!

 

NO.2 越後つぶ味噌

赤色の味噌で粒が大きいのが特徴です。

 

NO.3 丸豆味噌

大豆がまるっとそのまま残っています!

 

その他にも全部で20数種類の味噌が販売されています!

種類が豊富なので、その日の気分で好きな味噌を持ち帰る楽しさもありそうですね☆

ちなみに、味噌の保存に適した温度は15だそうですよ!ラップで包んでタッパーにいれておけばいつでも美味しく頂けます^^

 

 

~中村のひとりごと~

実は、高級米糀味噌丸豆味噌を先輩の西依さんが購入し分けていただいたのですが(ありがとうございます!)、早速家に帰ってお味噌汁を作って飲んでみたところ、味、まろやかさ共に今まで飲んでいたものと全く別もので感動しました!

最後にごろっとでてきた大豆がまた美味しくて、「これが本物かあ・・・」と一つ大人の階段を上った気になりました(笑)

 

現在味噌屋さんは珍しいものとなってしまったようですが、環境に合わせて形を変えながらも、味噌の味を守り続けていること、四つ木で65年間も味噌だけにこだわり販売していることに感動しました。

イエステーション立石店坂本商店さんのように長く愛され続けるお店になれるように頑張らないといけないなあと刺激をもらいました。

お忙しい中インタビューを受けていただいた坂本さん、本当にありがとうございました!

 

※インタビューは西依さんが致しました!

◇『坂本商店

東京都葛飾区四つ木1丁目33

◇電話番号:03-3697-0815

◇営業時間:9:0019:00/10:0017:00(祝日)

◇定休日:毎週日曜日


2019-09-15 18:13:45

立石さんぽ ~第35歩~

 

こんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋(新たに四つ木エリア始動しました!)

イエステーション立石店の中村です!

 

もっともっと立石・四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに立石・四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『立石さんぽ』第35歩目は・・・

 

今年で創業58年(!)黒須豆腐店さんです!!!

 

 

~どんなお店??~

 

立石ならでは・・・?風情ある趣が素晴らしい、今年で創業58年になる黒須豆腐店さんは、元々おじいさまが始められたそうです。

足立区で豆腐作りの修行をし、58年前にここ立石におじいさまとお父様でお店を構えたのだそうです。

今回インタビューを受けていただいた店主の黒須さんは三代目!

東立石生まれ・東立石育ちということで、生粋の立石人です!

黒須豆腐店さんの名前の由来は苗字からだそうですが、屋号である「山川」はお父様が修行先からいただいたものだそう!

 

~知らなかったお豆腐のコト~

豆腐の種類は「木綿」と「絹」の2種類ですよね!

ですがその違いや、製造工程を知っている方は意外と少ないかも・・・?

私もインタビューをするまで知りませんでした(笑)

 

そんなお豆腐の「木綿」と「絹」の大きな違いは、大豆の濃度だそう!

大豆に含まれるたんぱく質の多さによって固さが変わり、たんぱく質が多ければ多いほど固くなるのだそう!

なので絹豆腐より硬めの木綿豆腐は、たんぱく質が多く、水分も少ないという事ですね~

私はちなみに絹豆腐派です!つるんとしたのど越しが堪りません^^

 

~こだわり~

なんと朝四時半頃からお豆腐を作り始めるという黒須さん。

大豆を水につける時間は、夏は12時間、冬は48時間がベストなのだとか。

つける時間によって仕上がりがだいぶ違うんだそうですよ!

冷やし方も、お豆腐を冷蔵庫に入れるのではなく、8.59.5に設定されたお水の中で冷やすのだそう。

そうすることで、冷たすぎるお豆腐ではなく、程よい冷たさと滑らかなお豆腐が味わえるのだそうです!

 

~オススメの商品~

TOP3をお伺いしようかと思っていたのですが、黒須さんは全ての商品がおススメです!とおっしゃっていました^^豆腐愛に溢れていますね!

ということで、いくつかピックアップしてご紹介いたします!

 

こだわり抜いた木綿豆腐・絹豆腐はもちろんオススメです!

その他にも「なま揚げ」「がんもどき」、なんと「豆乳」まで販売していました!

お豆腐屋さんの作る豆乳・・・濃厚で美味しそうですね!

 

また、11月頃からは、お鍋やすき焼きにピッタリな「焼き豆腐」の販売が始まるそうですよ!是非ご賞味ください!

  

 

~中村のひとりごと~

お豆腐を食べるのが大好きな私ですが、そういえばお豆腐についての知識が無かったなあとインタビューをしながら思いました(笑)

今回のインタビューを通じてお豆腐のあれこれを知ることができ良かったです!

そして感心したのは、黒須さんが大切にしているモットーでした^^

それは、「豆腐は丁寧に作ること」。おじい様からよく言われていたのだそう。

どれだけ品質の良い大豆を使用していても、どこかの工程で雑になってしまったりすると味も質も落ちてしまう。丁寧に作ることが大事。と仰っており、お豆腐作りで大切なことから、仕事で大事な要素を学べたような気が致しました^^

寒い冬になったら温かい一人鍋でもしようかなと考えているので、その時には黒須豆腐店さんで焼き豆腐を買ってみようかと思います!

インタビューを受けていただいた黒須さん、本当にありがとうございました!

 

『黒須豆腐店』

 

◇東京都葛飾区東立石3-36-13

 

◇電話番号:03-3697-2998

 

◇営業時間:8001900

 

◇定休日:日曜日

 

イエステーション立石店 担当:中村

<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら

~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~

 


2019-09-10 17:38:40

立石さんぽ番外編 ~立石FESTA編~

皆さまこんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋、イエステーション立石店中村です!

 

今回は『立石さんぽ』番外編!

ということで、先日仲見世通りにて開催された

立石FESTA 2019にちょこっとお邪魔してきたのでご紹介いたします♪

 

今回イ

 

エステーション立石店は、日ごろお付き合いのある測量会社さんの井口工務所さんと、ら・マルキさんが開いた出店のお手伝いをいたしました~^^

今回はマルキパン社長さんの手作り「焼きそば」と、るみラボさんお手製の「タピオカミルクティー」を沢山ご用意しておりました!

 

私も焼きそばとタピオカを頂きましたが、冗談抜きでとても美味しかったです!

具がしっかり入った焼きそばは、絶妙なソースの味がたまりません。

そして流石はケーキ屋さんのタピオカミルクティー!

茶葉から作った紅茶もちもちで程よい甘さのタピオカが最高でした・・・

 

そんな中、お手伝いで参加した出店でしたが、イエステーション立石店のお客さまもお見えになりました!

「頑張って下さい^^」と言われるとやる気がみなぎり、とても嬉しかったです☆

 

この日の気温は高く日も照りついていましたが、多くの人で商店街内が盛り上がっていました!

残暑に負けないラップバトルやパフォーマンスが素晴らしかったです!

観客の方の盛り上がりも、見ていて心地が良いものでした^^

 

 

中村のひとりごと

まだこちらに来てから数ヶ月ではありますが、本当に立石の方は心が優しい方が多いなあと改めて思った日でした。私の地元は催しもなにもない所なので、新鮮味も感じられて楽しかったです^^ 

立石専門ということで、地域の方々との交流を大事に、もっともっと立石の魅力に気付いていけたらと思いました!

 

立石フェスタ、来年もまたお邪魔しちゃおうかと思います!

以上、中村でした~

---------------------------------------------------------------------------------------

立石・四つ木専門はイエステーションだけ!

 

立石・四つ木エリアのオススメ情報大募集中♪(自薦・他薦問わず大歓迎!

---------------------------------------------------------------------------------------

 

イエステーション立石店 担当:中村

<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら

~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~

 


2019-09-06 19:27:42

立石さんぽ ~第34歩~

 

こんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋(新たに四つ木エリア始動しました!)

イエステーション立石店の松村です!

 

もっともっと立石・四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに立石・四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『立石さんぽ』第34歩目は・・・

 

美味しいお弁当をご自宅や職場で!おべんとキッチンさんです!!!

 

 

~どんなお店?~

20179月にオープンしたお持ち帰り専門のお弁当屋さんです★

今回は、店長である矢野さんからお話をお伺いしました。

お昼ご飯に食べても、夜ご飯に食べても良し!気軽に立ち寄れるのが魅力的ですね♪

豚肉・鶏肉・牛肉の中から好きなお肉を選んで約20種類のメニューから、お弁当の注文できます!その他にもオムライスやカレー、サーモン弁当、キッズ弁当など豊富な種類があります!不定期になりますが、500円の日替わり弁当も販売しているそうです。(偶然出会えた方はラッキー?!)

 

また、ロケ弁当の販売も行っています。

なななんと201811月に開催された「ロケ弁グランプリ」で見事優勝をした実績もあるんです!ロケ弁当業界内での注目度も急上昇中です!

 

※個人の方へのデリバリーは行っていません。

ロケ弁に関する詳細はホームページ、もしくは直接お問い合わせください。

 

 

~こだわり~

お弁当は見た目も華やかで野菜も沢山入っているのが魅力的です。

そんな中、一際輝いているのはお弁当のメインを飾るお肉です!

焼き方にこだわっているそうなので、詳しくお話を聞いてみました!

一度スチームで低温調理を施し一晩寝かせた後に、提供する直前に炭火で焼くのだそう!低温調理と一晩寝かせる工程を行うことで、そのまま焼くよりもお肉の旨みと甘さが引き立つそうです♪

焼くための炭火にもこだわっていて、備長炭と相性の良いオガ炭おがくずを圧縮加熱成形して製造するオガライト(成形薪)を主な原料とした木炭)をブレンドし炭火で一気に焼き上げるため、食欲のそそる薫り高いお肉に仕上がるそうです。

お肉の種類によって火加減や調理時間が異なるため、非常に高い技術が必要になります。自家製ソースステーキ、ガーリックバター、ごま醤油。どれも美味しそう♪)も相性抜群!サラダにかける自家製ドレッシングも、お客様から「どこで売っているのか」と聞かれるくらい好評だそうです♪

ちなみにドレッシングは自社ブランドで開発しているため、入手は出来ないそうです

あしからず!

 

 

~イチオシ!~

開店2周年を記念して、918日~930までキャンペーンを開催するそうです!

期間中、鶏弁当は全品500円!(一部除外品もございます)

常連の方も、まだ食べた事が無い方も、是非この機会に立ち寄ってみてはいかがですか☆

ちなみにお電話でのご予約も受け付けているそうで、予約をしておけば待ち時間も無くお弁当を受け取れる便利なサービスがあるそうです。

 

~松村のひとりごと~

イエステーション立石店でもおしゃれなお弁当屋さんがあると話題になり、何度かランチで利用させて頂きました。

野菜もたっぷりで、ボリュームもしっかりあります♪なんといっても、こだわりのお肉はとってもジューシーでご飯がモリモリ進みます!全員で美味しく頂きました!

いつかメニュー全種類制覇にチャレンジしてみようかと思っています!

一日100食程売れるという人気のお弁当屋、おべんとキッチンさん。近くにある会社から通う方や主婦のファンの方も多いようで、お昼の時間帯は混み合う可能性もあるそうです!ぜひ一度召し上がってみてはいかがでしょうか^^

今回はお忙しい中取材を受けて下さりありがとうございました!

 

◇ソミーズデリおべんとキッチン

◇東京都葛飾区立石6-20-8

◇電話番号:03-5654-6658

◇営業時間11001400 16002000

◇定休日:土曜日

URLhttp://www.obento-kitchen.com/


2019-08-25 14:30:50

立石さんぽ ~第33歩~

 

こんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋(新たに四つ木エリア始動しました!)

イエステーション立石店の中村です!

 

もっともっと立石・四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに立石・四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『立石さんぽ』第32歩目は・・・

 

立石でリフレッシュするならおまかせあれ!Himawariさんです!

 

Himawariのはじまり~

 

入店と同時にアロマの良い香りが漂うHimawariさん。

その店主兼セラピストの小宮さんがお一人で経営していらっしゃいます!元々都内会員制クラブのスパに勤務していたそうなのですが、今年四月に独立し立石にてHimawariを開店しました。

小宮さんはオーストラリアに住んでいた経験もあるそうで英語も堪能!アロマセラピストの資格やCIDESCOというエステティシャンの国際資格もお持ちの多才な方です!

 

~お店について~

祖父母が「花のひまわり」という花屋を営んでいたこともあり(今現在は別の方が店主をやっています)、お店の名前であるHimawariはそこから名付けられたそうです!

ひまわりをモチーフとした時計や鏡があり、黄色を基調とした温かみのある店内はとってもかわいくて、癒される空間となっています♪

 

 

~オススメのコース~

 

全身脱毛(顔・VIO含む)

初回限定価格17,5009,800

 

アロマボディ 

〈9010,0009,000

 

〈607,0006,000

 

全身脱毛の機器は、なんと美肌効果もある最先端機器を使用しているのだそうです。

光脱毛なので痛みも無く安心して受けられちゃいます♪脱毛もできて美肌にもなれるなんて一石二鳥ですね!

大手のエステサロンだと中々効果が表れないこともありますが、8回ほど通うことでムダ毛の悩みもきれいさっぱり消えるのだそうです^^

 

 

 

アロマボディは、小宮さんお客様のその日の体調や気分に合わせたアロマオイルを調合します!アーモンドオイルホホバオイルグレープシードオイルなどなど・・・名前だけでなんだか癒されちゃいます(´艸`*)

 

 

その他にもスキンセラピストとしてニキビのお悩みなども受け付けており、まさに美と健康のトータルコーディネートHimawariさんで受けられますね!

※ちなみに、Himawariさんは女性専用エステなのでご注意下さい^^

 

~小宮さんの願い~

小宮さん立石でもっと心も体も健やかに、全力でケア・トリートメントをしていくこと」大切にしていると語っており、「内も外も綺麗にすることで、毎日を健やかに過ごすことができるようになるんですよ^^」体のケアがどれだけ大切であるかという事も教えていただきました!

コースで契約を結ぶことは無く、『なんだか肩が凝ってるな・・・』『肌荒れが気になるな・・・』自分自身が必要な時Himawariで気軽にケアを受けに来てくれると嬉しいと仰っていました。

完全予約制なので、体の悩みの原因を親身になって追求していくことでお客様の日々の疲れや、ストレスも解消していきたいのだそう。

 

 

~中村のひとりごと~

立石でこんなにも贅沢なエステが受けられるんだ!と驚きました。

店内も綺麗で、インタビュー中でしたが癒されちゃいました^^

私中村も肩こりや肌荒れに悩んでいたりするので、ここHimawariさんの元で相談・ケアを受けてみようかと思います!

また、「立石を盛り上げていきたい!」と何度も仰っており、とても地元愛に溢れた方でイエステーション立石店も頑張らなくては!と元気を頂きました^^

取材を受けて下さった小宮さん、ありがとうございました!

 

Himawari

 

東京都葛飾区東立石3-36-2

 

◇電話番号:080-4781-3877

 

LINE IDhimawarispa1947

 

◇営業時間:11002200(ラストは20:00)

 

◇定休日:日・祝日

 

イエステーション立石店 担当:中村

<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら

~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~

 

 


2019-07-28 11:48:24

こんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋(新たに四つ木エリア始動しました!)

イエステーション立石店の中村です!

 

もっともっと立石・四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに立石・四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『四つ木さんぽ』第4歩目は・・・

 

鉛筆のことならおまかせあれ!!『北星鉛筆株式会社』さんです!!

 

 

~どんなお店?~

今回取材させていただいた北星鉛筆株式会社さんですが、先祖の方が屯田兵として北海道へ移住した際に木材屋を開業。

その後関東大震災で、東京から疎開してきた月星鉛筆を買収し、北星鉛筆になったようです。

ちなみに鉛筆産業は東京の下町が発信地だそうで、中でも葛飾・荒川・足立区が盛んなんだそう!

社長である杉谷さんは五代目で、曾おじいさんの代から続いているのだそうですよ!

そんな杉谷社長ですが、四つ木生まれ四つ木育ち!ということで四つ木周辺の美味しいご飯屋さんやお店も沢山教えて頂いたり、親しみやすく鉛筆愛に溢れる素敵な方でした!

 

~名前の由来~

元々は「月星」という名前でしたが、先代のひいおじいさんが会社を引き継いだ際に当時会社のあった北海道の「北」を取って「北星」へと改名したのだとか!

因みに2012年にオープンした施設「東京ペンシルラボ」ですが、“お子様をはじめ幅広い層の方から親しみやすく、POPなイメージを持ってほしいな・・・”という想いから名付けられたのだそうです!

杉谷社長の親しみやすさ、温かい人柄も感じられる素敵なお名前ですね☆

 

~知ってほしい!東京ペンシルラボのこんなところ!~

 

その①

東京ペンシルラボさんは、鉛筆の魅力が沢山詰まった研究所!

鉛筆についてビデオで学べたり、実際に鉛筆を作っている現場を見学できる、工場見学ガイドツアーを行っています。少しだけ工場内にお邪魔しましたが、一つ一つの機械の役割を知れたり、鉛筆ができるまでの工程を見れたりとっても楽しかったです。

 

 

↑最初に白い塗装をすることで、黄色など薄い色が綺麗に塗れるそうです!

↑左が綺麗にカットされた断面、右がカット前の断面

 

料金は大人400円、小人300です!10人以上の団体で100円割引になるみたいなので団体での参加もオススメです!

 

その②

体験学習スペース内の壁には様々な作品が飾られており、最初は絵の具で描かれているのかな?と思いましたがよくよく見ると立体的!これは一体どういうこと・・・?

 

   

 

そんな不思議も杉谷社長の言葉ですぐに解明!

 

「触ってみてください!

これは鉛筆の木の部分をおがくずにしてつくられた木粘土、もくねんさんなんです!」

 

 

水彩画ならぬ木彩画、だそうで、驚きながらも綺麗な桜の絵に触ってみました!

元の素材が木なので、本物の木に触れている様でユニークでした☆

 

この木粘土、短くなった鉛筆を捨ててしまうのが非常にもったいないということで、鉛筆を通して「ものに感謝する心」を大事にしてほしいとの願いからつくられたそうです。

他にも、“絶対に折れない鉛筆削り”大人でも気軽に使える“大人の鉛筆”など、鉛筆を使うのが楽しくなりそうな商品がたくさんありました!

  

↑ 大人の鉛筆                   ↑絶対に折れない鉛筆削り

杉谷社長のモットーに迫る!

杉谷社長は、仕事をする上で「人を幸せにすること」を最も大切にしているのだそう。

身近な人から幸せにしていくことで、自分も幸せになれる。生きていく上でも大切なことなんだとお話しており、社会人一年目の私には中々気づくことのできない、素晴らしいアドバイスをいただけました!

 

~中村のひとりごと~
鉛筆について、こんなにも深く知ることができる機会が滅多にないので、貴重な体験ができました!

普段何気なく使っている鉛筆ですが、工場見学や鉛筆資料コーナーを覗くと、鉛筆に無限の可能性を感じました!

ちなみに私は埼玉出身なのですが、埼玉県と岡山県は濃い鉛筆(4B6Bが売れると聞き「硬筆」の授業で使用したことを思い出し、話が盛り上がりました(笑)どこの県でも盛んにやっていると思っていたので驚きました!

お忙しい中取材を受けて下さった杉谷社長、ありがとうございました!!

 

 ※中村は次回登場します!

『北星鉛筆株式会社』

 

東京都葛飾区四つ木 1-23-11

 

◇電話番号:03-3693-0777

 

◇定休日:土日祝日

 

イエステーション立石店 担当:中村

<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら

~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~

 


2019-06-28 17:24:03

立石さんぽ ~第32歩~

 

こんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋(新たに四つ木エリア始動しました!)

イエステーション立石店の松村です!

 

もっともっと立石・四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに立石・四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『立石さんぽ』第32歩目は・・・

 

今年で創業20周年を迎える『ファミーユ』さんです!!!

 

 

~どんなお店?~

 

ワンちゃんネコちゃんの食事を主に販売しているお店です。

ファミーユさんは平成元年に立石(駅前商店街付近)でOPENし、平成10年には広い店舗に移りたいと考え、現在の場所へと移転されたそうです。立石歴30年の大先輩です!

今回は経営者兼店長である勝田さんからお話をお聞きしました。

小さいころから動物たちと暮らし動物の専門学校へ通い、動物関係の研修の中で出会ったのがファミーユでした。

お客様と店員さんが家族のように親しい会話をしている姿や、小さな悩み事でも相談に乗っている姿をお店の中で見たときに感動したそうです。

「少しだけ食事の量が減ってきている」、「ちょっと疲れ気味かも」等、病院に行くほどではない些細な相談をするお客様が多く見られたことから「家族の一員でもあるペットにはいつも元気でいてほしい」という想いを抱きファミーユで働こうと決意しました。

 

~店名の由来について~

 

「ファミーユ」とは・・・

フランス語「家族」という意味だそうです!

ペットとしてではなく、「家族の一員」として一緒に過ごして欲しいという想いがこめられています。

私はそれを聞いてお客様や友人がペットを家族として愛情を持って接している姿を思い出し、心が温まりました♪

ファミーユの店内はお客様と店員さんはもちろんのこと、お客様同士も仲が良く、ペットに関する情報を交換する憩いの場となっているそうです。

 

 

~イチオシ!~

ファミーユで注目すべきはゴハンの種類の豊富さ!

店内を見渡すと端から端までほとんどゴハンで埋め尽くされています。

どれにしようか迷ってしまうほどの数えきれない種類です^^

昔からある缶詰タイプのものや、ペースト状になったもの、オーガニックなもの等々、沢山あるので体調に合わせて選ぶのが良いそうです♪

 

 

うちの子が気に入りそうだな!というものを探しに行くのも楽しそうですね。

また、不定期でワンちゃん・ネコちゃんに新商品の試食をしてもらい、リアルな「お客様の声」を集めて仕入れる商品を選んでいるとのこと!

立石に住む方から人気が出る理由がわかりますね!勉強になります★

 

今回はもう一つ注目ポイントがあります!

それは・・・店内POP

従業員さんが手書きで描くPOPは絵も文字も可愛らしく、目を引くので常連のお客様からも大好評だそうです★

うちも負けないように頑張らなきゃ♪

 

 

 

~松村のひとりごと~

店内にはお客様のワンちゃんネコちゃんの写真が沢山飾ってあり、それを見た私はワクワクして飼ってみたいと思いました!

ワンちゃんネコちゃんの体調は食事に左右されやすいので、しっかりと管理しなくてはならないそうです。

いつもと少し様子が違っていて心配な時には、気軽に楽しく商品を選びながらファミーユさんに相談すると解決するかもしれませんよ♪

今回はお忙しい時間に取材を受けて下さりありがとうございました。

同じ「地域密着」として、立石を盛り上げていきましょー!

 

 

『ファミーユ 立石店』

◇東京都葛飾区東立石3-13-8

◇電話番号:03-5698-6461

◇営業時間10001900

◇定休日:月曜日

 

イエステーション立石店 担当:松村承

<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら

~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~

 


2019-06-16 17:44:25

立石さんぽ ~第31歩~

 

こんにちは!

立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋(新たに四つ木エリア始動しました!)

イエステーション立石店の松村です!

 

もっともっと立石・四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに立石・四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

私が紹介する『立石さんぽ』第31歩目は・・・

 

ずば抜けた印刷技術!『金成スクリーン』んです!!!

 

 

~どんなお店?~

 

代表である金成隆治さんが、以前塗料を扱う仕事をしていた時、「印刷業界の需要が今後高まってくるのではないだろうか・・・!?」とピンとくるものがあり、1990年に自ら今の印刷会社を設立!

事務所は江戸川区から始まり、奥戸、西新小岩を経て、2013年に現在の東立石へと移転してまいりました♪(奥戸と西新小岩は立ち退きを理由に移転をしなくてはならなかったとのことです。)

印刷会社と聞くと多くの方が「紙」への印刷を想像されるのではないかと思いますが、金成スクリーンさんでは主に「物」への印刷を行っています。

創業当時は平面への印刷のみ扱っていたそうですが、現在では球体や複雑かつ立体的な物にも対応できる機械を導入したので、様々な形に対応できるそうです!

ちなみに創業当時は1台だった印刷機も、今では15台まで増えて大幅な効率UPへとつながり、機械の導入に伴い会社も大きくなっていきました^^

 

 

~店名の由来について~

代表取締役の金成さんの名字と、工場で使用されている機械の名前「シルクスクリーン」「スクリーン」を合わせて「金成スクリーン」と名付けたそうです。

印刷機の種類がかなり豊富のため、スタンプの様に写すパンク式や、インクを直接吹きかけるインクジェット式等、様々な印刷方法があるそうです(わたくし松村は種類の多さに、全てを覚えられませんでした(;・∀・)

もちろん創業当時から使っているのは、色々な物に印刷が出来る万能型のシルクスクリーン♪

 

金成スクリーンでは多くの企業から印刷を頼まれるそうで、他の印刷会社では断ってしまうような難しいものでも柔軟に対応し、最後まで諦めずに試行錯誤を繰り返していくそうです。

お客様のために諦めない姿勢は素敵で、仕事をするうえで本当に大事な姿勢だなと学ばせていただきました☆

 

~イチオシ!~

金成スクリーンさんが20184月からおこなっているサービスがあります!

その名も・・・「うちの子だっこ!」

ワンちゃんネコちゃんを飼っている方からは大・大・大好評だそうです☆彡

愛するペットの写真をクッションに出来るサービスで、細部まで再現出来るのが人気の理由だそうです!

愛してやまないワンちゃん・ネコちゃんはもちろん、天国にいってしまった子をクッションにしてもう一度だっこしてみませんか?

ポーズによりますが、しっぽも立体的に作ってくれるそうなので、お気軽にご相談してみてください♪

ペットだけではなく、人のクッションも依頼可能だそうですよ☆

 

~松村のひとりごと~

ブログには載せきれないほどの沢山の商品が、まだまだ工場にありました!!

よくあるTシャツ等へのプリントはもちろん、様々な物に印刷できるそうなので一度お気軽にご相談してみてはいかがですか?

ちなみにガラスにも印刷ができるそうですよ・・・!本当に驚きです!!

地方からのお問い合わせも承っているそうなので、気になる方はぜひ下記のホームページをご覧ください♪

イエステーションでも何かグッズを作れるか、社長に相談してみます!!

今回はお忙しい中インタビューを受けていただき本当にありがとうございました!!

 

有限会社 金成スクリーン

 

◇東京都葛飾区東立石1-4-3

 

◇電話番号:03-5670-9337

 

◇営業時間9001800

 

◇定休日:土・日・祝

 

URLhttps://www.kanenari-screen.com/index.html

 

 

イエステーション立石店 担当:松村承

<立石専門の不動産> 家屋HPはこちら

~家を売りタイ!買いタイ!お住まいのパートナー~


1/5ページ 次ページ
会員登録無料 とってもお得なイエステーション会員!会員になるとたくさんの非公開物件が閲覧可能に!

会員登録はコチラ

現在の登録物件数

一般公開43

会員公開62

ご来店予約

ご来店いただくと、さらに非公開物件もご紹介できます!

ご来店予約はコチラ