• 会員登録
  • お問合せ

2020年11月

「ホームページを見た」とお伝えください

立石店:03-5671-5433

堀切店:03-3602-3133

営業時間 10:00~18:00/水・木曜定休

イエステーション立石店のスタッフブログ

立石さんぽ ~第51歩~

2020年11月28日

立石さんぽ~51歩目~


こんにちは!
立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋、
イエステーション立石店の宮武です!
もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに、
立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

【本日の立石さんぽは・・・?】

昨年オープンしたばかり!【きらく】さんです!!!

イエステーションのスタッフも皆気になっていたお店です♪

今回、心よくこちらのご主人が取材を受けて下さいました☆☆

 

-お店を始められたきっかけ-
元々、からあげ屋さんで働いてたというご主人(1号店は立石にあったそうなのでご存知の方もいるのでは…)
そこで一緒に働いていた仲間と、 お店を開こうと思ったのが始まりだそうです!
そこから紆余曲折とあり、今のお店の場所を気に入ったご主人は、ここに地域の方が気軽に来てくれるようなお店を作ろう!と決心されたそうです。

 

-店名由来-
「お客様に気兼ねなく、気取らずに来てほしい」
ご主人はこの思いを大切にされていて、
【気楽に】→【きらく】 と店名が決まったそうです!
ご主人の思いが伝わるのと、どこか安心するようなとても素敵な名前ですよね。

-こだわりポイント-
地域の方にとても愛されている【きらく】さん、味は勿論のこと、価格にもこだわっているそうです!
【きらく】さんは、昼と夜どちらも営業されていて、いつでも地域の方に気軽に来ていただけるようにお求めやすい価格をお客様の為に試行錯誤されているそうです!
ご主人のお客様を思う気持ちにとても感銘を受けました…

 

-おすすめのお料理-

魚料理に力をいれてらっしゃるそうです!中でもオススメなのが一夜干し!
アジ、カマス、いわしは中でも絶品で、旬のお魚と共に市場で新鮮なものを仕入れ、
ご主人が自ら漬け込んでいらっしゃるそうです。

初めにお話しした通り、からあげ屋さんで働かれていたので、
揚げ物もどれも絶品です。

熊本出身のご主人が選んだ、米焼酎をはじめとするお酒類も
ファンが多く、たくさんの常連客の方々がボトルキープされていました。
呑んでよし、食べてよしのお店です!

~余談~

弊社スタッフ西依のお客様が、よく家族で行くそうで、料理やお酒の美味しさももちろんですが、法律で定められる4月より前から禁煙を実施していたそうで、子供連れでも行きやすいと太鼓判を押していました!

…私達イエステーションも今度飲みに行ってボトルキープしたいと思います♪ 
  ↶ランチもやられているそうです♪♪↷


≪ご主人のポリシーは何ですか?≫と聞いてみると、
“お客様がゆっくり楽しんでくれることが一番”だと。
そんなゆったりくつろげる雰囲気が多くの常連客を虜にしているんだと感じることができました。
 
-宮武のひとこと-
今回ご主人とお話をさせて頂き、「気楽にきてもらいたい」という、居心地の良さを大事にした【きらくさん】のこだわりを知ることができ、古くからのお店も多い下町情緒あふれる立石に、この様なこだわりをもっている《新しい》お店があることがとても嬉しく思いました。僕もまだ立石歴は半年なので、今度同僚や先輩と飲みに行って人生初の「ボトルキープ」してみようと思います!
ぜひ皆さんもこだわりの「食事」と「お酒」を味わいに訪れてみてください♪
お忙しいところ、ありがとうございました!
 
-店舗情報-
住所: 東京都葛飾区立石8丁目33−9
営業時間:12:00~14:00  17:00~23:00 
定休日:不定休
電話番号:03-5875-7220
 

 

四つ木さんぽ ~第16歩~

2020年11月20日

四つ木さんぽ~16歩目~

 

 

こんにちは!
立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋、イエステーション立石店新入社員赤木です!


もっともっと四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに、四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

 

【今日の四つ木さんぽは・・・?】

 

地元の人たちに親しまれている『ふらわぁshopかない』


 

【お店を始めたきっかけは?】

 

四つ木にお店を構えてなんと60年以上‼
現在は、姉妹できりもりされています。当初は、かないさんのお父様が墨田区八広・東向島で引き売りをしていたそうです。
(引き売りとは、例えばお豆腐屋さんなどがリヤカーを引っ張って商売をしている所を見たことがあるでしょうか?今は珍しいですが当時は結構多かったみたいです。)

 


その後、色々なご事情があり四つ木でお店を開くことに、ところがお父様が倒れてしまい、
平成4年に看護師のお母さまとお二人の姉妹でお店を継ぐことになったそうです。
お二人はもともと、他の仕事をしていたみたいですが、幼い頃からお店のお手伝いをしていたこともあり、お店を継ぐことに抵抗はなかったと、笑顔でお話されていました。

 

ちなみにお店の名前『ふらわぁshopかない』の由来を聞いたところ、お姉さんの思い付きだったそうです‼
(私がこちらのお店を選んだ理由の一つとして、お店の名前が可愛らしく惹かれたので、
まさか思い付きだったとは‼(笑))

 

【お店のこだわり】

 

なんといっても他のお花屋さんと違う所は「冷蔵庫」がないところです‼
冷蔵庫があると、お店のなかではお花は長持ちしますが、冷蔵庫から出しお客様の手に渡ったあとのお花の鮮度が落ちてしまい、あまり長持ちしないみたいです。
なので、自然の状態でお客様にお花を提供しているとのことです。
例えば夏の暑い時期にバラを仕入れたりすると暑さですぐに鮮度がなくなったりするため、
あまり仕入れないみたいです。

 

他にも、お店に置いてあるお花は毎日違うそうです。
そこもお二人のこだわりで、仕入れの際にも、季節のお花を中心に、
お客様のご要望を取り入れたり、常連さんの事を考え「これ、喜んでくれそう♪あの、
常連さん好きそう♪」などお客様の事を考えてお花を仕入れたりもするみたいです!
なので、常連さんからは趣味の花屋と呼ばれる事もあるそうです‼
(ステキなお話しです‼)
 

 

 

【?人気のお花?】
・ポインセチア

 

 

・ハボタンツルギ(お正月にぴったり)

(撮影時の価格です)
 

 

 

【?かないさん姉妹のオススメのお花?】

 

お二人のお答えは、、、「全部‼‼」とのことでした‼
二人で好きなお花を仕入れてお店に出しているので、やはり全部のお花に愛情があることを感じました‼
でも、しいていうのであれば、、、お姉さん→ネリネ、妹さん→利休、菊だそうです。
お客様の中には、年に一度必ず来てくれるお客様や、コロナの影響もあり
テレワーク等でお家時間が増え、一輪のお花を買われる方も多いそうです。
また、以前に比べ男性のお客様もこの頃増えてきたそうです。

 

 

【☆かないさん姉妹のポリシー☆】


➀季節ものや、新鮮なお花をお手頃な価格でお客様に提供する。
②お二人の好きなお花、お客様(常連さん)の事を頭に浮かべながら仕入れをしている。
③お客様に喜んで頂けるだけそれでいい‼
お客様を第一に考えていることがすごく伝わってきました。
ステキなお言葉頂きました‼

 

(フラワー装飾技能士1級をお持ちのお姉さまの作品)

 

 

【♪赤木のひとこと♪】


私は、今回はじめてさんぽの取材をさせて頂き緊張をしていましたが、かないさん姉妹はすごく優しく雑談交えてお話しして頂き、とても楽しませていただきました。そして笑顔がステキでした‼


『ふらわぁshopかない』さんのことやお花のことなどお聞きして、今まで以上にお花に興味が湧きました‼


そしてお店の中は色々なお花の匂いがして幸せでした。お花一つ飾ることで癒されたり職場の雰囲気がパッと明るくなりました‼お花が持っている力は凄いなと実感いたしました♪♪


私はお客様を第一に考えられる事務員になれるように頑張ります‼
お忙しい中お時間を作っていただきましてありがとうございました‼

 

【店舗情報】


〇お店:ふらわぁshopかない
〇住所:葛飾区四つ木2-26-2
〇営業時間:9時~18時90分
〇定休日:日曜日の午後(年末年始→12月31日~1月4日までお休み)
〇電話:03-3697-0336

  

立石さんぽ ~第50歩~

2020年11月13日

立石さんぽ~50歩目~


こんにちは!
立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋、
イエステーション立石店の春木です!
もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに、
立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪
 

今日の立石さんぽは・・・?

掘り出し物に会えるかも・・!? かつしかエコライフプラザ内
リユース家具 展示販売コーナー」さんです!!

本田小学校の目の前、葛飾区立立石図書館と併設されているこの施設、
図書館に通われている方やお子様がいらっしゃる方は行ったことがあるのでは
ないでしょうか。

その名の通り、リサイクル家具が500円や1,000円という破格のお値段で
販売されているのです!

※商品の一部は区のホームページからも見ることができます
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000048/1001534/1001576.html


どうしてこんなに安いの?
商品はどこから仕入れているの?

などなど、以前から気になっていた方もいるのではないでしょうか?
今回は私たちイエステーションが、その秘密に迫ってきました!
※【葛飾区役所 環境部リサイクル清掃課】にお話を伺いました

かつしかエコライフプラザは来年で開館10周年を迎え、この施設ができた当初から
展示販売コーナーはあったそうです。

家庭から出された「粗大ごみ」は、清掃業者によって回収され、使えそうな家具は
処分場に行かずにとっておいてもらいます。

それを展示販売コーナーの方が、堀切にある「葛飾区リサイクルセンター」に運び、
汚れているものは清掃、壊れているものは修理を行ないます。
そしてきれいな状態に生まれ変わったものを、展示販売コーナーで販売しているそうです。

粗大ごみが回収されるたび、そして清掃・修理が終わるたびにあらたな商品が
追加で展示されていきますので、日ごとに入れ替わっていきます。
なかでもタンスや学習机、食器棚などは人気が高く、入って1週間もしないうちに
売れてしまうこともあるのだとか!
ほかにも、ダイニングテーブルセットなどでセットの椅子がまとめて何脚か並ぶ
こともあるそうですよ(^^)

特に多いのは収納ボックスで、堀切のリサイクルセンターまで行けば無料でもらえる
こともあるそうです!
おうち時間が増えて収納にお困りの方は訪ねてみてもいいかもしれませんね!
なかにはこんなおしゃれな「見せる収納」も並んでいました。

そんな見ているだけで楽しいコーナーですが、今回はせっかくの機会なので担当者の
方々に、普段の生活で心がけていることを伺ってみました。


皆さんは、「3つのR」という言葉をご存知ですか?

①Reduce(リデュース:発生抑制)
②Reuse(リユース:再使用)
③Recycle(リサイクル:再生利用)

の頭文字をとったものです。
なかでも最初のR「リデュース」、ごみになるものを減らすことが一番大事だと言っています。
この施設は「リユース」、つまりごみをごみにしないで、次の人の手に渡すための活動をしているところですが、最初からごみを出さない、不要なものは買わないといった心がけで、ごみの量そのものを減らしていこうという考え方です。

実はここの2階に「エコトレーニングルーム(展示・学習コーナー)」という施設があり、そこでごみの量についてわかりやすく解説してくれている展示がありました。

過去に比べて、葛飾区民ひとりが出す1日のごみの量を可視化したものなのですが、
なんと平成元年度(1989年)にはひとり1日あたり1,060グラムものごみを出していたのです!
私も見てびっくりしましたが、大量生産・大量消費の時代にはこれが当たり前だったのかもしれませんね。
それから「エコ」という概念や「もったいない」という言葉が注目され始め、人々のごみに対する意識も変わってきたのでしょう。
平成24年度(2012年)には547グラムまで激減し、現在(2019年)では495グラムと、
とうとう500グラムを切っているそうです!
(※区のホームページより)

http://www.city.katsushika.lg.jp/information/1000083/1005976/1005992.html

とはいえ、葛飾区が掲げている目標「450グラム」にはまだ達していませんので、
区民のみなさん一人ひとりの心がけが大事になってくるのだと思います。
レジ袋が有料になり、エコバッグを持ち歩くようになったように、まずは身の回りの
できること」から始めてみようと思いました(^^)

ちなみにここ「エコトレーニングルーム」ではごみについて学べるほか、葛飾区ごみ減量・3R推進キャラクター「りー(Ree)ちゃん」と記念撮影できるブースや、子どもたちが自由にお絵かきや工作ができるコーナーがあったりなど、親子連れで立ち寄ってみても楽しめそうな雰囲気でした!
(それに、ごみのことは大人でも本当に勉強になります・・!)


リユース家具の展示販売コーナーへの取材を通じて、あらためてごみについて考える機会をいただけた1日となりました。
皆様も図書館へ行ったついでに、寄り道がてら、親子連れで、ぜひお越しください(^^)

 

所在地  

〒124-0012 東京都葛飾区立石1丁目9番1号

【かつしかエコライフプラザ】内

電話番号 03-3696-8225

開館時間 午前9時から午後6時

休館日  毎週木曜日と、12月31日~1月3日
 

四つ木さんぽ ~第15歩~

2020年11月6日

四つ木さんぽ ~15歩目~



こんにちは!



立石・四つ木専門」「売買専門の不動産屋、



イエステーション立石店の西依です!



もっともっと四つ木の魅力を知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイをコンセプトに、四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪



 



【今日の四つ木さんぽは・・・?】



祝!今年50周年を迎える、本格的な日本料理が味わえる名店「星乃」さんです!!



四つ木のメイン通りに佇む「星乃」は、以前から通るたびに気になっており、



今回やっと取材することができました!気さくで明るい店主星野さんにとても面白くて貴重なお話しを沢山お聞きしてきましたので、たっぷりとご紹介させていただきます!





 



-「星乃」のはじまり-



遡ること約70年前に、店主星野さんのお祖父様が四つ木で魚屋さんを始めたところから。



その後、板前だった店主星野さんのお父様を呼び寄せ、魚屋から店内を改装し、今のお店<日本料理・天ぷら「星乃」>を50年前に始めたのだそうです。



※お祖父さんのは墨田区の本所吾妻橋の出身ですが、戦争で上野や色々なところに行き、最終的にここ四つ木に来たそうです。店主の星野さんは生まれも育ちもここ四つ木です!



…ちなみに店名『星乃』はお父様が命名しましたが、由来は不明だそうです。



 



-店主星野さんがお店を継ぐまで-



店主の星野さんは、板前だったお父様の背中を見て子供のころから「かっこいい」と思っていたそうで(さらっと素敵なエピソード)自然と同じ料理人の道へ。しかし、お店を継ぐ(独立)する気は全く無かったそう。



ちなみに、料理人には3つの行先があるそうで、



①料理人としてお店等に勤める



②どこかのお店又はホテル等で料理長になる



③店舗経営(独立)



この中で星野さんは、②の料理長を目指していたそう!



とにかく行動派で、専門学校を卒業後は、修行の為に大阪⇒兵庫⇒銀座と全国各地をまわり、最終的に出した答えは【海外で働きたい】でした。アメリカへ行きたかったのですが、景気が悪く(リーマンショックで)行けず、知人の紹介で単身韓国へ行くことに。韓国生活が半年程経った頃に、当時の店主であるお父様が亡くなり、星野さんがお店を継ぐことを決意し帰省したそうです。



急なこともあり、再オープンする際には準備がとても大変だったそうです。



約半年程の準備期間を経て、約12年前に店主星野さんにバトンタッチし再オープン!



そこから約12年、お父様に負けず劣らず、ここ四つ木で地元の方はもちろん、遠方からもお客様が足を運ぶほどに。



 



-星乃のこだわり-



その1、メニュー独創的&全て手書き!



飲食店に入って必ず目にするメニュー。とても達筆な活きの良い字は全て店主星野さんの手書きです!また料理やお酒の説明がとても面白いんです!ぜひお店に行ったらチェックしてみてくさい。(店主のこだわりは、分かりやすくて楽しんでもらえるメニューです)





その2、時代に合わせた営業Style!



現在星乃さんは、通常の店舗営業に加えテイクアウトとデリバリーも対応しています。



コロナウイルスが流行した今年初め頃から、常に試行錯誤をしていた星野さん。



大変なのは皆一緒。酒蔵や市場の皆様の苦労も考え、デリバリーやテイクアウトを始め、店舗では日本酒1杯100円キャンペーン等、少しでも仕入れ側とお客様双方がHAPPYになるよう様々な活動をしていたそうです!



…誰も経験したことのないこの特殊な状況の中で、星野さんの前向さに助けられた方も多いと思います!



 



-星乃の人気メニュー



①不動の人気№1・・・ローストビーフ



②一度食べたらやみつきに!?・・・激ウマチャーハン







チャーハンは是非直接お試しください♪



 



-星乃のオススメメニュー-



①なんといっても、この時期は『お鍋』ですよね!



星乃では、新鮮な魚(すっぽん、クエ、ふぐ、あんこう等)を使った鍋がオススメです!



当日のメニューからも選べますが、これが食べたいとご希望があれば事前に用意してくれます◎



皆さまは何鍋がお好きですか?星乃の温かい鍋で寒さを乗り切りましょう!





②もうこんな時期!?年始の楽しみといえば、そう『おせち』です!



星乃の『おせち』はとにかく豪華!そして、味には絶対の自信があります。



3~4人前で59,800円(税込)と少々高額な印象を受けるかもしれませんが、お重に加え、高級国産とらふぐ1本が入った豪華鍋(25,000円相当)や超プレミアムビール(7,500円相当)&星乃で利用できる5,000円分の食事券等特典が満載なのです♪



毎年大好評で今年なんと4回目になる『星乃のおせち』ぜひ1度ご賞味あれ★







星乃お手製の黒豆と金時も大好評です



 



-西依のひとりごと-



ずっと前から気になっていた『星乃』さんでしたが、実はなんとなくお店の佇まい(老舗な雰囲気)から、少々近寄りがたいオーラを感じていました。。しかしとんでもない!真逆でした!店主の星野さんの気さくさ、親しみやすさ、人柄の良さに感激しました!特に、仕事に対する熱意に圧倒されました。そんな星野さんのポリシーは愛と元気」だそうで、まさにぴったり♪常に相手の気持ちを考え、何をされたら嬉しいか、楽しいか、細かい所まで気を配っている星野さん。業種は違いますが、私たちも星野さんのように相手の気持ちを常に考え「愛と元気」を意識しながら、『星乃』さんのように、地域の皆さまに長年愛される不動産屋になりたいと思いました!星野さん、お忙しいところお時間をいただき本当にありがとうございました!





 



お店:日本料理星乃



場所:葛飾区四つ木1-5-7



営業時間:17時~22時



定休日:月曜(月祝の場合は火曜)



電話:03-3694-6157



店主:星野さん


立石さんぽ ~第49歩~

2020年11月1日

立石さんぽ~49歩目~

 

こんにちは!
立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋、
イエステーション立石店宮武です!
もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに、立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

今日の立石さんぽは・・・?

東立石の皆さんの生活を支えている八百屋大黒屋青果店』さんです!!

前を通る度にずっと気になっていたお店に念願の初取材★

ご主人の渡辺さんが快くインタビューを受けてくださり実現しました!

 

 

大黒屋青果店』の歴史

★はじまり

約40年前に、奥様のご実家からも近いここ東立石で、奥様とご主人の渡辺さんを含む従業員4名で「大黒屋青果店」をスタート!

当時は店頭販売だけでなく、お弁当屋さんや、学校(給食に使用)へお野菜を届けていたそうです。

そして、徐々に店頭での販売のみになって行き、ご主人、奥様、娘さんのご家族3名で切り盛りする、今の営業スタイルになっていったそうです!

※40年以上もの間、変わらずお店を構えているなんてすごい!立石の大先輩です!

 

★店名の由来

奥様の御実家の屋号をとって『大黒屋』と名付けられたそうです!

大黒屋、、、皆さまもどこかで聞き覚えがあるのではないですか?

ご主人の渡辺さんも『宝石屋ではないよ!』とおっしゃっていたのでご注意を!

 

★こだわりポイント

ご主人の渡辺さんは、毎朝6時頃から豊洲の朝市で野菜の仕入れを行っているそうです。

お客様により良い野菜を届ける為に、これまで長年培ってきた目利きと、仲の良い業者さんとの人脈を駆使し、新鮮な青果を毎朝仕入れているとのこと。

※ちなみに、夜は20時までお店に立っているようで、いつも買いに来てくれるお客様の為に朝から晩までフル稼働している姿にとてもプロ意識を感じました。

野菜は鮮度と価格と語るご主人。

お客様、特に家計のことを考えている主婦の方々は、値段もしっかり見ているので、大黒屋青果店では『1円でも安く』お客様に買っていただけるように、日々力を注いでいます!(余談ですが、弊社スタッフ西依もよく買いに行くようで、安くて美味しい!と言っていました♪)

 

★ご主人オススメ今が旬な野菜

店頭に並んでいる野菜は季節ごとに変わり、それぞれ産地も異なります。

1年中、様々な野菜とふれあい豊富な知識を持つご主人が選ぶ野菜とは…

 

その1、カリフラワー

是非お店に行き、実際に見て確かめてください!

新鮮さが分かる色鮮やかさ大きさに驚くと思います!

 

その2、キノコ

こちらもお店に行くと、その日仕入れられた色々な種類のキノコが並べられています!

並んでるキノコは日ごとに変わるので、キノコ好きな方は「今日はどんなキノコが置いてあるか」そんなワクワクもぜひ楽しみながら行ってみてください

※撮影時の価格です

 

その3、大根・白菜・長ネギ

これから一層寒くなるこの季節にぴったりな【鍋料理】に欠かせない、こちらの3種類も、今が旬でとっても美味しいですぜひ皆さま野菜たっぷり鍋で心身共に温まってください♪

 

 

その4、みかん・柿

この二つは熟していて、とても甘く食べごろだそうです!

他にもバナナやパイナップル等フルーツも盛りだくさんでした!

…果物はビタミンやミネラル等の栄養が豊富で風邪の予防にもなりますのでぜひ★

※撮影時の価格です

 

~宮武のひとりごと~

今回取材させていただいてる間にも、多くのお客様がご来店されていて大盛況

更にご主人は、来てくれた大勢のお客様と気さくにお話をされていて、

帰るときにはどのお客様も笑顔で帰っていらっしゃいました。

新鮮な野菜とご主人やご家族がいてこその『大黒屋青果店』であり、

長年地元の皆さまに愛され、なくてはならない存在なのだと思いました。

私たちイエステーションも立石・四つ木にお住いの皆さまから「なくてはならない不動産屋」と思っていただけるように精進してまいります!

今回、実は初めての取材で緊張していましたが、ご主人の渡辺さんがとても気さくにお話して下さり、楽しい記念すべきデビューとなりました。お忙しいところ本当にありがとうございました!

 

店舗:大黒屋青果店【ご主人:渡辺さん】

場所:東立石3-29-10

営業時間:(日ごとに変更)~20:00 毎日営業(不定期休み)

現在の登録物件数

会員公開188

一般公開73

イオンでのお買い物が毎日5%OFF
ページのトップへ戻る