• 会員登録
  • お問合せ

2020年10月

「ホームページを見た」とお伝えください

立石店:03-5671-5433

堀切店:03-3602-3133

営業時間 10:00~18:00/水・木曜定休

イエステーション立石店のスタッフブログ

立石さんぽ ~第48歩~

2020年10月9日

立石さんぽ~48歩目~

 

こんにちは!
立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋、
イエステーション立石店春木です!
もっともっと立石の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに、立石の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

 

【今日の立石さんぽは・・・?】

 

立石で知らない人はいない(!?)

地域密着型のサイクルショップ「セオサイクル 立石店」さんです!!

角にあるお店で、黄色い看板トレードマークですよね。

私たちイエステーションスタッフも、お店の場所をご説明するときは

セオサイクルさんの近くです!!」とお伝えしています(^^)

今日はそんなセオサイクルさんに勤めて30年!

自転車が好きすぎて自転車屋さんに就職した【黒木店長】にお話をお伺いしました。

 

東京・千葉・神奈川・埼玉を中心に全国120店舗以上を構えるセオサイクルさん。

今から64年前の1956年、千葉県船橋市に1号店がオープンしたのが始まりでした。

地域密着」や「お客様との距離を大事にする」営業姿勢を続けながら徐々に店舗を

増やし、ここ立石にも10年前の2010年2月に立石店がオープンしました。


立石の街を歩いていると、セオサイクルさんのステッカーが貼られた自転車を

たくさん見ますよね。(イエステーションスタッフも何名もお世話になっております)

ここセオサイクルさんで買っていただいたお客様には、基本的な点検調整

無料で行なっており、それがリピートや紹介につながっているんだとか。

お店の横には無料空気入れもあり、たまに順番待ちの行列もできています(笑)

 

黒木店長によると、セオサイクルさん発祥の地・船橋や近くの市川での

シェア率は立石の比ではなく、「猛烈なシェア」を誇っているそうです。

船橋や市川に遊びに出かける機会があったらステッカーをチェックしてみたいですね。


さて、そんなセオサイクルさんで勤め始めて30年以上の黒木店長はご自身も

もちろん自転車好きです。

自転車に興味を持ち始めたのは中学生時代で、その頃から地元船橋の自転車屋

セオサイクルさん!)に入り浸るようになります。

自身で修理や整備をするうち自転車がどんどん好きになり、高校生の時には

クラブチームに所属してロードレースに参加していたそうです。

意外に思われるかもしれませんが、セオサイクルさんは独自のスポーツ車ブランド

セマス」を持っており、クラブチームや実業団もあるそうですよ(^^)

 

その後は運命のようにセオサイクルさんに入社し、いくつかの店舗で店長を勤められた後、

ここ立石店を立ち上げました。

 

お店のスタッフさんもアルバイト時代からいてくれている「森さん」で、

取材時は熱心にホイールの調整をしていました。

 

 

店内を見てみると、たしかに使いやすいシティサイクルや電動自転車の奥に、

スタイリッシュなスポーツ車が展示されていました。

 

 

黒木店長の愛車COLNAGO(コルナゴ)」 イタリアに本社を置くメーカー

総額100万円近くかかっているそうです!!ビックリ!

最高時速は90km(←坂道時)近く出るんだとか!!

もう、いろいろと驚きですね(^^)

 

 

お店の奥にはお客様の体格を測る測定器があり、これにまたがることで

フレームの大きさやサドルの高さ、ハンドルの長さなどを細かく測ることができ、

その方にぴったりなサイズをオーダーできるのだそうです。

そうすることによって長時間走っても疲れにくくなったり、最速のスピードを

無理なく出せるようになったりするのです。

 

 

また最近は電動自転車も進化しており、中でもバッテリーの持ちが劇的に変わってきています。

一昔前の電動自転車の航行可能距離はおよそ20km程度と言われていましたが、

最近のものだと100km近く走れるように進化しているそうです。

これは実際の東京~熱海間の距離に匹敵し、メーカーにより実際に走破する実験にも

成功しているのだとか。

自転車の需要が見直されるなか、旅行のスタイルも変わっていくかもしれませんね(^^)

 


こんなふうに、話しやすくて自転車の魅力を熱心に語ってくれる黒木店長

オサイクルさんの強みは大型量販店や通販サイトにはない「親しみやすさ」だと言います。

例えば、ここ立石に住んでいる方にはどんな自転車が求められているのかを研究し、

品揃えも変えているのだそうです。

その街には坂道が多いのか平地が多いのか、いくらくらいの自転車が売れやすいのかなど。

展示してある自転車は常時100台前後と決して多くはありませんが、そのかわりに

お店の間口(入口)を広くとってお客様が入ってきやすくするなど、お客様との距離を

常に意識していることが伝わってきました。


地域の人のために根を張り、できるだけ長く続けたい

いつのまにかポッとなくなるようなお店ではありたくないと思いを語ってくれました。


春木のひとりごと

取材を終え、すっかり自転車が好きになってしまった私たち。

インターネットで何でも安価に手に入る時代ですが、だからこそセオサイクルさんのような

地域に根ざしたお店で、本当の自転車好きの方から勧めてもらったものを買うのも

また違った満足感を得られるのではないかと気づきました。

5年以上乗り続け、ガタが来はじめている私の自転車・・。

セオサイクルさんで測定したオーダー自転車を買う日もそう遠くないと感じました(笑)


 

【セオサイクル立石店】

■住所:葛飾区立石1-11-10

(地図はこちら)
https://www.seocycle.co.jp/master.php?id=67#map

■TEL:03-5654-6577

■営業時間:10時30分~19時30分

■定休日:毎週水曜日

■専用駐車場:あり(1台分)※駐車場は立石図書館前です
 

四つ木さんぽ ~第14歩~

2020年10月2日

四つ木さんぽ~14歩目~

 

 

こんにちは‼

 

 

「立石・四つ木専門」「売買専門」の不動産屋、イエステーション立石店の春木です。

もっともっと四つ木の魅力を『知りタイ』『広めタイ』『ファンを増やしタイ』をコンセプトに、四つ木の街をゆっくり『さんぽ』しながらご紹介いたします♪

 

 

【今日の四つ木さんぽは・・・?】

 


100年以上続く老舗老舗割烹「玉子家」さんです!!

 

四ツ木駅を降りて綾瀬川方面へ歩くこと1分、3階建て+屋上の
立派な建物が見えてきます。


100年以上の歴史に加え、個性的な店名の由来、看板メニューである玉子焼きや
葛飾区でも珍しい屋上ビアガーデンと興味をそそられそうな特徴が
盛りだくさんの玉子家さん。

 

 

これまで「アド街ック天国」「そこが知りたい!」「ぶらり途中下車の旅」「モヤモヤさまぁ~ず」など、数々のテレビ番組の取材を受けてこられました。
店内にはその時の写真も飾ってありますので、興味がある方はぜひ訪ねてみてください!
 

 

お店の中にお邪魔すると、さすが老舗割烹だけあって落ち着いた佇まいです。
壁の大きな振り子時計と格子柄の照明が温かい雰囲気を出し、時間の流れがゆっくりに感じました。


ふすまで仕切られたお座敷席もありますから、小さいお子様がいても過ごしやすそうです(^^)

今回は創業者のお孫さんにあたる【滝澤さん】にお話をお伺いしました。
 

 

玉子家さんが創業したのは、いまから90年前の大正5年(1930年)のことでした。
そのときは今ほど大きな建物ではなく、場所も商店街寄り(交番がある辺り)だったそうです。

 

ちなみに個性的な店名の由来は、もともと創業者である滝澤さんのおじいさまが、養鶏場を営んでいたことからなのだそうです。


看板メニューでもある玉子焼きは、ご自身で育てられた玉子を多くの人に食べてもらいたいという思いから誕生したのですね!

 

しかし、そんな玉子家さんに試練が訪れます。


昭和22年(1947年)、ここ葛飾にも大きな被害をもたらした「カスリーン台風」です。

 

全国で38万もの住戸が浸水し、1000人以上の死者を出した災害。


玉子家さんも逃れることはできず、最初のお店は浸水してしまいます。

 

2代目にあたる滝澤さんのお父様は「台風の被害を目の当たりにし、恐怖を覚えた」と語っていたそうです。


このことから、次に建て替えるときは台風や浸水にも耐えられるような建物にしたいという思いが強まりました。
 


あらためて見てみると、周辺よりちょっと高くなっているのがわかりますよね。


これは、いざ中川が氾濫しても浸水しないよう、わざと土台を盛ったのだそうです。


ここまでの対策をしているなら安心ですね(^^)



さて、ここからはお料理のご紹介です!
上の写真は玉子家さん名物の玉子焼きです!
焼き上げた後、職人さんにより丁寧に焼印が押されて完成となります。
ふわふわで甘くやさしい風味が口の中に広がり、何切れでも食べられそうでした(^^)
ぜひ焼きたてを食べてみてください!

 

予約をすれば、こんな立派な席でお料理を堪能することもできます。


滝澤さんによると、法事や結婚前の両家の顔合わせの場などにも使われるそう。


ロビーもあり、まるでホテルのようですのでご親族の方もゆっくりくつろげるのではないでしょうか。


繊細に盛られた料理からは、五感すべてでおいしさを感じてほしいという職人さんのこだわりを感じることができます。

 


 

さらに、夏季限定で屋上を開放し、ビアガーデンも行なっています!


私たちイエステーションのメンバーも利用させていただきました!


例年は席がぎっしり埋まるのですが、今年は感染対策としてテーブルを減らして営業されています。


「大変だけれど、工夫して前進していこうと思った」と滝澤さんは話していました。


ちなみに、毎年京成線の窓からビアガーデンの明かりを見て、「おっ、今年も始まったな!」と常連さんが来てくれるのだそうです。


ときには対岸の墨田区からも・・。


皆さんビアガーデンが大好きなんですね(^^)

 


~春木のひとりごと~


まだまだ気軽に外出したり、気の合う人たちとご飯を食べたりが難しい状況ですが、そんななか100年以上もの歴史を重ねてきた老舗、玉子家さん。


創業者の孫娘にあたる滝澤さんは、最後にこう話してくれました。

 

「ここ四つ木で生まれ育って、常連となってきてくれる人たちにとって、気安く来れるお店でありたい」

 

「食の好みは多様化しているけれど、日本人だからこその味覚を感じてほしい」

 

実際に取材にお邪魔した我々イエステーションスタッフも、玉子家さんの居心地の良さと滝澤さんの話やすさに甘え、ついつい長居をしてしまいました。

 

まるで実家に帰ってきたような安心感があり、繊細なお料理は暖かくもどこか懐かしさを感じさせてくれる・・・。

そんな今も昔もかわらぬ玉子家さんに、常連さんたちは惹かれているのだろうと感じました。


滝澤さんはじめ従業員の皆さん、暖かく迎えてくださりありがとうございました!

〇玉子家

TEL: 03-3691-0016

住所: 東京都葛飾区東四つ木3丁目23-25

営業時間:【午前】11:00~14:00 【午後】16:00~20:00

                 (※ビアガーデンは ~22:00)

定休日:不定休

現在の登録物件数

会員公開180

一般公開67

イオンでのお買い物が毎日5%OFF
ページのトップへ戻る